バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各診療科案内
  4. 産科周産期科
  5. お知らせ
  6. 母体血胎児染色体検査に関する臨床研究(出生前診断)の受付について

母体血胎児染色体検査に関する臨床研究(出生前診断)の受付について

現在実施しております標記の臨床研究(出生前診断)ですが、諸事情により外部からのご依頼にお応えできない状況となりました。
つきましては、当分の間、
当院入院および通院中の妊婦さまのみとさせていただきますのでご了承ください。
尚、院外からのご依頼をお受けできる状況となりました際には当サイトにてご案内させていただきますので何卒宜しくお願い申し上げます。

概要

この検査は、母体血中の胎児由来のcell-free DNA用いて胎児のトリソミー(21トリソミー、18トリソミー、 13トリソミー)を検出する検査です。
今回の検査は従来の検査よりもはるかに精度は高いのですが、陽性の場合の確定診断には羊水穿刺による染色体検査が必要とされているという点、また、検査できるのは上記3つのトリソミーのみであるという点をご理解下さい。

 本研究は正式には「無侵襲的出生前遺伝学的検査である母体血中cell-free DNA胎児染色体検査の遺伝カウンセリングに関する研究」という名称で、多施設共同研究としてスタートします。
 なお、本研究は当院臨床研究審査委員会ならびに日本医学会の承認を得ております。
 詳細は、下記NIPTコンソーシアムのホームページでご確認下さい。

対象

当院の場合は、市中病院からの紹介制になっております。
対象となる妊婦さんは下記のいずれかに該当するハイリスクをお持ちの方となります。

1. 胎児超音波検査で、胎児が染色体数的変異を有する可能性が示唆された方
2. 母体血清マーカー検査で、胎児が染色体数的変異を有する可能性が示唆された方
3. 染色体数的変異を有する児を妊娠した既往のある方
4. 35歳以上の高齢妊娠の方
5. ご夫婦のいずれかが均衡型ロバートソン転座を有していて、胎児が13トリソミーまたは 21トリソミーと
なる可能性が示唆される方

対象となる妊婦さんが当院での検査を希望される際には、現在通院中の病院・クリニックからの紹介状をお持ちの上での予約が必要となります。
また、検査前後の遺伝カウンセリングは必ずご夫婦での受診をお願いしておりますので、予めご了承願います。

予約・外来日

産科周産期科外来
予約は、下記受付時間内によるお電話での受付となって
おります。
なお、予約枠超過の際には、紹介状があってもお断りする場合がありますので予めご了承願います。

・ 予約受付先:産科・周産期科外来
       (電話:011-611-2111(内線3398))
・ 受 付 時 間:毎週 木曜 午後3時~4時
・ 遺伝カウンセリング:毎週 木曜日午後、金曜日午後

お申し込み・お問い合わせについて

患者様からのお電話の受付けは、毎週 木曜 午後3時~4時となっております。 上記以外のお時間は、受け付けておりませんのでご注意ください。

産科・周産期科

最終更新日:2014年07月31日

お知らせ