バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各診療科案内
  4. 腫瘍・血液内科(第四内科)

腫瘍・血液内科(第四内科)Department of Medical Oncology and Hematology

概要

診療内容・特色

腫瘍・血液内科は各種消化器悪性腫瘍(胃、大腸、食道、小腸、肝臓、胆・膵など)および血液疾患を専門として、内科の立場から広く全身を診療しています。がん研究所内科部門から始まった当科は、特に消化器・血液のがん(白血病、悪リンパ腫など)の診断・治療(化学療法など)に経験豊富で国内外からも高く評価される治療成績をあげています。

拡大内視鏡を用いたがんやポリープの「芽」の発見、早期胃癌・大腸癌の内視鏡を使った切除、カプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡による診断、胆管胆のうや膵臓の様々な病気の超音波内視鏡診断や極細内視鏡での診断と治療、肝炎に対する瀉血を応用した抗酸化治療、肝硬変に伴う食道静脈瘤の内視鏡治療や血管造影手技を用いた治療、肝臓がんのすぐ近くまで細い管(カテーテル)を挿入し薬を注射したり、血管を詰まらせる IVR 治療、また、腫瘍をラジオ波で焼きとる焼灼療法などを行っております。

白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液疾患に対する治療も骨髄移植、臍帯血移植を併用した化学療法を行うことはもちろん、新たな分子標的治療を積極的に行っております。健康診断で白血球、血小板数の異常や貧血などを指摘された方の精密検査も血液専門医が診療にあたっています。それぞれの疾患の担当医が皆様の診断と治療に当たりますので、遠慮なく受診して下さい。

専門分野

腫瘍内科
胃、食道、小腸、大腸、肝臓、胆管胆嚢、膵臓、肉腫など
血液内科
 悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病、再生不良性貧血、骨髄異型性症候群など

主な検査・医療設備

上部(食道、胃、十二指腸)内視鏡、下部(直腸、大腸)内視鏡、ダブルバルーン法小腸内視鏡、 ERCP 、超音波内視鏡(上部・下部消化管、胆管内、血管内)、透視検査(バリウム検査)、 IT ナイフなど粘膜剥離術器具、アルゴンプラズマ焼灼装置、ドップラー超音波、 CT 、 3D-CT 、 MRI 、 MRCP 、血管造影、 Angio-CT 診断装置、血行改変用動脈塞栓コイル、肝生検、ラジオ波焼灼装置、消化管用内視鏡的ステント挿入・バルーン拡張術、骨髄検査、染色体・遺伝子検査、無菌室、骨髄移植、アフェレーシス血球分離採取装置