医療情報部

概要

医療情報部の紹介

 医療情報部は、当附属病院における医療情報統合システム機能の充実、各種医療システム・機器との接続増加によるシステムの範囲拡大や高度化に対応する実施体制を整備することを目的に、20184月に設置されました。
 平成7年のオーダリングシステム導入、平成17年の医療情報統合システム導入以降、医療情報統合システムの影響範囲は拡大の一途を辿っています。診療業務の電子化が進むにつれ、診療現場からの医療情報統合システムへの要望が多様化、高度化しており、それとともに医療の質の更なる向上のため、システム企画、開発及び運用管理を行っています。
 また、診療情報の電子化に伴い、医療情報統合システムの24時間365日安定稼働、日々蓄積される診療データの管理については重要な責務であり、医療情報統合システムサーバの保守、医療情報ネットワーク通信網の整備、患者様の診療情報を安全に保存するためのセキュリティ監視等に努めております。

業務内容

・ 医療情報統合システムの運用管理
・ 医療情報統合システムの保守
・ 医療情報統合システムの開発及び改善
・ 医療情報統合システムにおけるネットワーク通信網の整備
・ 医療情報統合システムにおけるセキュリティ監視
・ 医療情報統合システムと各種附属病院内システム、機器の接続に関すること
・ 医療情報統合システムに係る研究開発
・ その他医療情報統合システムに関すること

自主臨床研究情報