バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各診療科案内
  4. 整形外科

整形外科Department of Orthopaedic Surgery

概要

診療内容・特色

整形外科では骨・筋肉・神経・関節など、体の運動機能に関わる臓器の疾患や外傷を診療します。手や脚の痛み、しびれ、関節痛、腰痛やケガなど日常生活や仕事、スポーツなどの趣味に支障をきたす運動器の障害の原因を診断し治療を行います。

札幌医大整形外科では、独自の研究成果を発展させた診療と内視鏡や顕微鏡を応用した低侵襲手術を積極的に導入しています。

本学の神経再生医療学部門との共同研究による脊髄損傷に対する骨髄間葉系細胞を用いた再生医療の臨床治験を行っています。この治療法を行っているのは日本国内で本学だけであり、日本全国からエントリーを受け付けております。

また、運動機能の回復とともに疼痛を緩和することにも重点をおいています。痛みのメカニズムに関する継続した研究成果に基づいて、手術によっても治療が困難な難治性疼痛に対しても積極的な診療の取り組みを行っています。 

専門分野

脊椎
脊柱側弯症、脊椎・脊髄腫瘍、感染症など一般の病院では治療が困難な疾患の治療を数多く行っています。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊髄症に対しては顕微鏡や内視鏡を応用した低侵襲脊椎手術を積極的に導入し、腰椎椎間板ヘルニアでは手術後3日目で退院が可能となります。 
上肢
 手・肘・肩関節疾患や腱、靭帯損傷などの診療を行っています。骨折変形治癒や変形性肘関節症、腱断裂に対する手術治療、肩関節脱臼、肩腱板断裂に対する関節鏡視下手術の実績は高く評価されています。解剖学的研究の成果に裏打ちされた難治性テニス肘や手関節疾患に対する関節鏡視下手術も行っています。
下肢
股関節、膝関節、足の疾患を診療しています。高度な技術を要する骨切り手術、人工股関節置換術により小児から高齢者までの股関節疾患を治療しています。股関節鏡を応用した原因不明の股関節痛の診断と治療を行います。人工膝関節置換術後もより深く膝を曲げられる手術法を工夫しています。スポーツ選手の足・膝の靭帯再建手術で多くの実績をあげ、プロスポーツ選手の外傷治療にも取り組んでいます。 
骨軟部腫瘍
骨軟部腫瘍の高度専門診療を行う全国でも有数の医療施設に挙げられています。札幌医大で独自に開発した滑膜肉腫に対する免疫治療法の臨床応用が開始され、世界での注目を集めています。 
関節リウマチ
薬物治療でも治療困難な症状に対して人工関節手術をはじめとした手術治療を行い、痛みや生活での不自由さを解消しています。 
骨粗鬆症
詳細な検査により骨粗鬆症のより正確な病状の把握と的確な治療をめざしています。 
先天性疾患
上肢・下肢の先天性疾患に対して機能と整容を改善するための治療を行っています。
 
慢性疼痛外来
リハビリテーション科、精神神経科、麻酔科と連携し難治性疼痛疾患の治療に多面的に取り組んでいます。 
スポーツ外来
脊椎・肩・膝の整形外科専門医と理学療法士による総合外来です。 JOC と連携するなどして、トップアスリートを対象とした現場に密着したスポーツ診療をめざしています。 

主な検査・医療設備

X線写真、CT、3DCT、MRI、骨シンチグラフィー、筋電図、神経伝導速度、リハビリテーション