バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 中央部門案内
  4. 画像・映像支援部門

画像・映像支援部門

撮影部門(静止画)

手術手技、患者さま、動物実験、医療器具、デジタル光学顕微鏡、バーチャルスライド制作、 講演会、研修会、大学/病院各種行事・広報、集合、証明、ネームプレート用顔写真などの各種撮影

 医学写真は疾病の状態や経時変化を克明に記録・伝達できます(疾病の持つ形状・色調・質感・動作などを客観的に記録できます)。またそれらの写真は診断・教育のほかカンファレンス・学会・学術論文発表などでも利用されます。
 また、職員・学生のネームプレート用顔写真の撮影や、大学・病院の行事など広報撮影も行っており、ホームページや刊行物に利用されています。

映像部門(動画撮影・編集)

手術手技、患者さま、院内教育、患者説明、講演会、研修会、研究・学術発表、医学部/病院各種行事・広報、学内PRなどの各種撮影および編集

 動画撮影では、静止画では得ることのできない情報を記録できます。また、編集作業を経ることで、より効果的な映像を作り出すことが可能です。学生教育や学術発表など幅広く利用されています。

画像処理部門

画像編集、デジタル高画質プリント、スキャニング、ポスターデザイン、ポスター出力、CD/DVDプリント、学術発表用大型ポスター作製、講演会等のタイトル幕作製 、カラーコピー(A4)、会議資料やパンフレット等の小冊子作製、ラミネート加工(A5~A3)、パネル加工(A3~A0)

 高画質のデジタルプリンターを設置し、高品位プリントをスピーディーに出力する事が可能です。大型プリンター(最大プリントサイズ:紙幅1100㎜×長さ6000㎜程度)は、ポスター制作や学術展示ポスターなどに利用されています。不織布などの各種台紙に印刷でき、発表内容の充実とともに、見やすく美しいポスターが仕上がります。