バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各診療科案内
  4. 皮膚科

皮膚科Department of Dermatology

概要

診療内容・特色

皮膚科と聞いてもどんな病気があるのか思いつかない方も大勢いらっしゃると思います。実は皮膚科で診ている病気の数はとても多いのです。

皮膚科では全身を覆っている皮膚すべての病気、髪の毛、爪、汗の異常につき診療しています。皮膚の病気の中には皮膚のかゆみを起こす病気、皮膚に赤い斑点などの発疹ができる病気全般、ウイルスや細菌などで皮膚に発疹をおこすもの全般、真菌症(みずむしなど)、皮膚のできもの、皮膚温・血流の異常、皮膚の潰瘍(傷)、やけど、凍傷、しみやあざ、たこ・うおのめなど多彩なものが含まれます。

皮膚科を受診される方は、これまで使っていた薬がわかる薬手帳や他の病気で病院にかかっていたらその病名と治療内容ができるだけわかるようにしてきてください。新患外来では、まず予診室にお呼びします。そこで、その日に診察を希望される部分をみせていただき、経過をお聞きします。その後、待合室でさらにお待ちいただき順番が来たら新患の診察室にお呼びします。
 
できるだけお待ちいただく時間は少なくと考えておりますが、新患は予約制ではなく、診療にかかる時間に予測がなかなかつきません。お時間に余裕を持って来て頂けますようお願いいたします。

専門分野

皮膚がん、アレルギー性疾患、遺伝性皮膚疾患の診療を専門的に行なっています。そのほか幅広い皮膚疾患に対応しています。

主な検査・医療設備

紫外線照射装置、各種レーザー照射装置、サーモグラフィ