バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 医療機関の方へ
  3. がん地域連携クリティカルパス

がん地域連携クリティカルパス

北海道がん診療連携協議会では、患者さんにわかりやすく安全で質の高い全道共通の医療を目指して、「地域連携クリティカルパス(通称:連携パス)」を作成し、地域の医療連携に活用しています。

「連携パス」とは、手術などの治療を行った病院(がん診療連携拠点病院)と地域の医療機関(かかりつけ医)が同じ診療方針のもとに、患者さんの治療に携わるために作成した「共同診療計画書」のことです。

病気の経過を予測して適切な診療計画を立て、患者さんに納得していただいたうえで、医師、看護師、薬剤師などが協力して診療に当たります。(チーム医療)。また、診療方針について患者さんと医療者が共同で利用できる形に表しています。

私たちは、この「連携パス」を用いて、がん診療連携拠点病院と地域の病院や診療所が同じ診療方針で、安全で質の高い医療を提供したいと考えています。

お問い合わせ

札幌医科大学附属病院 医療連携センター

  • 電話番号:011-611-2111 (内線51210,51230)