小児科Division of Pediatrics

お知らせ

概要

診療内容・特色

小児科では、血液・腫瘍、神経・筋、腎臓、感染症、内分泌、こころと発達、循環器、生活習慣病、リウマチ膠原病などの専門分野を設け多岐にわたり日常診療を行っております。

小児血液・腫瘍疾患に関しては全国規模の臨床研究に参加し、最新の治療研究を行っています。また骨髄移植、臍帯血移植などの造血細胞移植治療にも長年取り組んでいます。

てんかん診療に関しては最新の脳波計および周辺機器を用いて詳細な診断を行っております。
腎疾患に関しては、腎炎・ネフローゼに対して腎生検による病理診断の上で、状態の応じた治療を行っています。
感染症に関しては、マルチプレックスPCR法を用いたウイルス感染症の診断を積極的に行っております。
児童思春期こころと発達外来では、こどもの精神発達とこころの健康について、医学・心理学的立場から診療しております。
先天性心疾患に関しては、胎児から成人に至るあらゆる年齢層での診療を行っています。
その他、各分野で精力的に取り組んでおります。

また、我々は道民のための小児科医として地域医療に貢献しており、「診療は全道へ、研究は世界へ」を合い言葉に日々取り組んでおります。親身な診療を心掛けておりますのでお困りの際はどうぞ御相談下さい。

専門分野

血液疾患・腫瘍
血液疾患・腫瘍:小児白血病、神経芽細胞種などの小児がん、再生不良性貧血など 
神経・筋
てんかん、急性神経疾患(脳炎、脳症など)、神経筋疾患などの診断、治療
腎臓・泌尿器
腎炎・ネフローゼ、腎不全、先天性腎尿路異常(水腎症、膀胱尿管逆流など)の診断治療
感染症
細菌感染症、ウィルス感染症(RSウィルス、パルボウィルス、ロタウィルス、ノロウィルス)の診断、治療
内分泌疾患
成長障害、糖尿病、肥満、甲状腺疾患、小児生活習慣病、夜尿症など 
こころと発達
発達障害(自閉症、多動性障害など ) 、心身症(チック、摂食障害)、登校拒否、うつ病 
循環器疾患
先天性心疾患、川崎病、小児不整脈 
予防接種
各ワクチン接種 

主な検査・医療設備

骨髄検査、骨髄細胞培養検査、血液腫瘍性疾患にかかわるウイルス検査、末梢血幹細胞採取ならびに処理・保存設備、無菌治療室、遺伝子検査、脳波検査、MRI検査、 SPECT 、筋生検、神経生検、遺伝子検査、出生前診断、腎臓超音波検査、腎シンチグラフィー、腎生検、内分泌負荷試験、代謝産物の化学診断、知能検査、人格検査、心臓超音波検査、心臓カテーテル検査、運動および薬物負荷心電図、ホルター心電図、心臓核医学検査、3D-CT、MR血管造影など