バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 中央部門案内
  4. 病理部

病理部Department of Surgical Pathology

概要

 「病理診断」とは、患者さんの組織や細胞を顕微鏡で調べ、正確な判断を下すことです。その専門の医師を「病理医」と言います。病理診断報告書には、組織が悪性か良性か、周辺の組織への拡がり具合はどうか、どの薬が有効かなど、主治医が治療方針を決める上で重要な情報が含まれています。

 病理部では、病理医と臨床検査技師らがチームを組んで、術中迅速診断を含めた組織診断、患部から得られた細胞像を見て良悪性を判定する細胞診断、病院で亡くなられた患者さんを解剖し、死因や治療効果を検証する病理解剖を行っています。

 特に、腫瘍に特異的な遺伝子異常を検出することは病理診断だけでなく、有効な治療薬の選択にもつながります。病理部では組織標本で遺伝子異常を検出する「FISH」という遺伝子検査を行い、患者さんの診断と治療に役立てています。

業務内容

  • 術中迅速診断 術中迅速診断
  • 臨床科とのカンファレンス 臨床科とのカンファレンス
  • キメラ遺伝子によるFISHの分離シグナル キメラ遺伝子によるFISHの
    分離シグナル