免疫・リウマチ内科Division of Rheumatology

概要

診療内容・特色

免疫・リウマチ内科では、膠原病・リウマチ性疾患を中心に診療しています。専門外来においては道内外での専門施設で研鑽を積んだ臨床経験豊富な担当医が診療にあたります。


リウマチ・膠原病領域においては関節リウマチに対して患者さんのニーズにあった治療方法を検討し、各種生物学的製剤を用いて寛解をめざした治療をおこなっています。また、全身性エリテマトーデスや全身性強皮症、多発性
筋炎・皮膚筋炎などの膠原病に対しても臓器機能の回復をめざし、日和見感染症に留意しながら治療をおこなっています。さらに当科は国内でも有数のIgG4関連疾患の専門施設であり、同疾患の診療・研究をおこなっています。

病気はひとつの臓器のみに限らず、複数の臓器や全身に影響を及ぼすことがしばしばです。当科では伝統的に免疫疾患を診療・研究の中心としており、各領域の専門医と協力して患者さんを全身的に診ることを特徴としています。他の診療科と連携しながら、確実な診断に努めるとともに、患者さん一人一人に応じた最適・最善の治療をおこなうよう日々の診療に取り組んでいます。

専門分野

リウマチ・膠原病、自己免疫疾患、IgG4関連疾患

主な検査・医療設備

関節X線検査、CT、MRI、関節エコー、PET-CT検査、ダーモスコピー、キャピラロスコピー