消化器内科Department of Gastroenterology, Rheumatology and Clinical Immunology

概要

診療内容・特色

消化器内科では消化器疾患を中心に、診療しております。消化器領域においては良性・悪性を問わず消化器に関わるすべての疾患を対象としており、消化管 (食道・胃・小腸・大腸)、肝臓、胆道・膵臓の診療チームに分かれ、専門外来を設けております。専門外来においては道内外での専門施設で研鑽を積んだ臨床経験豊富な担当医が診療にあたっております。
 消化器領域では各種内視鏡検査 (上部消化管内視鏡検査、小腸内視鏡検査、大腸内視鏡検査、カプセル型内視鏡検査、超音波内視鏡検査)、超音波検査、CT、MRI、血管造影検査などを用いて病気の早期診断・精密診断に努めております。良性疾患の代表例としては炎症性腸疾患 (潰瘍性大腸炎、クローン病) やB型・C型肝炎があげられ、これらに対する最新の治療に取り組んでおります。悪性疾患については早期消化管がんに対する内視鏡治療や肝がんに対する経皮的治療ラジオ波焼灼術・カテーテル治療といった低侵襲治療から、各消化器がんに対する抗がん剤治療、消化管・胆道ステント留置なども用いた緩和治療まで幅広く診療しています。また、大学病院の特色として、炎症性腸疾患 (潰瘍性大腸炎、クローン病) や慢性出血性非特異的小腸潰瘍症、原発性硬化性胆管炎といった難病・希少疾患の診療に力を入れているほか、近年注目されている遺伝性腫瘍の診断も臨床遺伝センターと連携しておこなっております。

 病気はひとつの臓器のみに限らず、複数の臓器や全身に影響を及ぼすことがしばしばです。当科では伝統的にがんや免疫としており、各領域の専門医が協力して患者さんを全身的に診ることを特徴としております。他の診療科とも連携しながら、確実な診断に努めるとともに、患者さん一人一人に応じた最適・最善の治療を行うよう日々の診療に取り組んでおります。

専門分野

消化器疾患:消化管 (食道・胃・小腸・大腸) ,肝臓,胆道・膵臓

主な検査・医療設備

上部消化管 (食道・胃・十二指腸) 内視鏡検査、小腸内視鏡検査 (カプセル型小腸内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡)、大腸内視鏡検査、消化管X線検査 (バリウム検査)、腹部超音波検査、関節超音波検査、甲状腺超音波検査、CT検査、3D-CT検査、PET-CT検査、腹部血管造影検査、MRI検査、MR胆管膵管造影検査 (MRCP)、内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査 (ERCP)、超音波内視鏡検査 (EUS)、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診 (EUS-FNA)、経皮的肝生検、遺伝子・染色体検査