バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各診療科案内
  4. 眼科

眼科Department of Ophthalmology

概要

診療内容・特色

当眼科では、眼科臨床全般にわたり各専門外来を設置しています(網膜硝子体、緑内障、弱視斜視、神経眼科、ぶどう膜炎、角膜、ロービジョン)。
それぞれ専門外来の医師が患者さまを担当し、眼科疾患に対し最新の医療設備にて対応できる体制をとっています。  

専門分野

網膜硝子体、緑内障、弱視斜視、神経眼科、角膜、ぶどう膜炎、ロービジョン  

主な検査・医療設備

三次元眼球運動検査解析装置、CCDレーザースペックル(眼内血流解析装置)、 OCT(網膜神経線維層厚解析装置)、超音波生体顕微鏡検査(UBM)、MRI(SPGR法などの特殊撮影法を含む)、MRA 

専門外来について

当講座は網膜硝子体、緑内障、弱視斜視、神経眼科、ぶどう膜炎、角膜およびロービジョンの各専門外来からなりそれぞれに第一線の臨床が行われている。

神経眼科外来では、視路疾患及び眼球運動障害の治療及び画像診断、ならびに甲状腺眼症及び眼窩部腫瘍に対する外科的治療等を、また弱視斜視外来は斜視の長期予後、手術方法の検討、外眼筋の機械的特性の研究等を、緑内障外来は新しい診断、治療及び手術法の開発等を、網膜硝子体外来は網膜硝子体疾患の基礎臨床研究及び網膜剥離、硝子体手術等をそれぞれ行っている。