バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各診療科案内
  4. 産科周産期科

産科周産期科Department of Perinatal Medicine

概要

診療内容・特色

当院の産科・周産期科は,大学病院の性格上,対象症例は妊娠中毒症など産科特有の合併症のほか,糖尿病・血液疾患・膠原病・腎臓病などの内科疾患,心臓手術後・脳外科手術後などの外科疾患の合併,また精神科疾患の合併妊婦などあらゆる合併症妊婦の管理・分娩を担当しております。また,極早期の切迫早産,前期破水症例の管理,多胎妊娠管理のほか,産科救急(前置胎盤による出血・常位胎盤早期剥離による DICなど)の搬送に対応しております。新生児部門は,入院病床が9床ですが,道立小児保健センターとの密接な連携のもとに,多数の未熟児新生児の管理を行っております。また新生児外科手術の必要な症例に関しましても,小児センターとの連携で対応しております。

また,現在の産科・周産期科は総合リプロダクション科としての性格を強め,体外受精・胚移植,顕微授精,胚凍結を中心とした不妊症治療,抗リン脂質抗体症候群,同種免疫不全などによる習慣流産治療,内視鏡手術を中心とした不妊症・子宮内膜症に対する手術治療,さらには思春期疾患や性同一性障害症例なども産科・周産期科スタッフが対応しております。 

専門分野

年間分娩数はここ数年は約300で一定しておりますが、外来を経由しない病棟への直接の緊急搬送は、年々増加傾向にあり、年間100症例に達しようとしています。

主な検査・医療設備

  • 産科超音波スクリーニング
  • 胎児超音波精密検査
  • 合併症妊娠の管理
  • 羊水染色体検査(現在都合により休止しております)
  • 一般不妊症検査
  • 体外受精・胚移植
  • 受精卵凍結法
  • 顕微授精
  • 配偶者間人工授精(AIH)
  • 習慣性流産の治療
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 内視鏡下手術(腹膣鏡下手術・子宮鏡下手術・卵管鏡下手術)
  • 月経異常の治療、子宮内膜症の治療など