トモセラピー導入のお知らせ(北日本の大学病院では初の導入)

画像スライド集

画像1
東北を含めた北日本の大学病院で、初めて本院に導入されたトモセラピー

トモセラピーの革新的な照射技術により、隣接する正常組織にあたる放射線の線量を低減し、病変に高放射線の線量を集中させて照射することが可能となりました。

画像2
東北を含めた北日本の大学病院で、初めて本院に導入されたトモセラピー

トモセラピーは、正確な放射線照射治療により副作用を軽減しつつも治療効果を上げる、体に優しい放射線治療が可能です。

画像3
患者さまの治療の間、モニターによる集中管理

大学病院ならでの、多数の専門スタッフが一丸となって、より高度な「人にやさしい放射線療法」の提供に取り組んでいます。


 北海道で最初に強度変調放射線治療(IMRT)を開始した当院に、新しい治療装置が導入されました。
 アメリカのaccuray社が提供するトモセラピーです。東北を含めた北日本の大学病院では初の導入となります。
 この治療装置は、CTスキャナー(computed tomography:コンピューター断層撮影装置)と放射線治療システム(リニアック:治療エックス線発生装置)が融合した治療機で、体の周りをらせん状に回転しながら放射線照射を行います。
 照射する形は、マルチリーフコリメーターで自由自在に変化させることができ、多彩な線量分布を実現します。
 より正確で安全な強度変調放射線治療(IMRT)を提供することを可能にします。



●3次元画像誘導によるヘリカル照射を用いたIMRT

 脳腫瘍、頭頚部がん、一部の食道がん、腹部臓器がん、子宮がんや前立腺がん、緩和照射など様々な領域でIMRTを行い豊富な経験を持つ当院で、IMRTができる3台目の治療機として最新のトモセラピーを導入することができました。
 当院には高精度治療を支える多くの職種(放射線治療専門医、放射線治療専門技師、医学物理士、放射線治療品質管理士など)が常勤しております。 
 正確・的確でかつ効率的、そして何より安全なIMRTを提供することをお約束します。
 また、放射線治療科病棟としては道内最大の25病床を活用し、地方から来る患者の入院にも対応しています。

担当診療科

放射線治療科