バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各診療科案内
  4. 心臓血管外科

心臓血管外科Department of Cardiovascular Surgery

概要

診療内容・特色

私たち心臓血管外科では、狭心症や弁膜疾患などの成人の心臓の手術、動脈瘤や閉塞性動脈硬化症などの血管の手術、さらに先天性心疾患に対する手術を行っています。待機手術はもちろん、高度救命救急センターとの連携により緊急的状況にも対応して手術治療を行っています。

病気に対する治療の選択を行い、出来る限り丁寧に情報提供、説明を行い、理解、了解をいただいた上で治療を行うこと(インフォームドコンセントに基づく医療)を心がけています。また早期退院、早期活動復帰をめざして手術治療のqualityの向上にも努めています。

2015年より下肢静脈瘤外来を月曜日に新設しました.手術治療を中心に患者様と相談の上最善の治療を行います.

主な特色
  1. 冠動脈バイパス手術をほぼ全例オフポンプで施行しております。
  2. 弁膜症に対しては、自己弁温存術式を積極的に取り入れております。
  3. 動脈瘤に対して、人工血管置換術に加え血管内ステントグラフト治療も積極的にを行い、安定した成績が得られております。
  4. 2015年より下肢静脈瘤の専門外来(月曜日のみ)を新設しました

専門分野

先天性心疾患
チアノーゼ、非チアノーゼ心疾患
後天性心疾患
狭心症、弁膜疾患、不整脈
血管疾患
大動脈瘤、大動脈解離、閉塞性動脈硬化症、静脈瘤  
人工心肺
 手術時の補助循環、補助人工心臓

当科の研究

・動脈瘤関連対麻痺に対する再生医療
・大動脈解離の画像解析
・ステントグラフト関連合併症の発生機序の解析
・内胸動脈構造に関する遺伝子研究

主な検査・医療設備

ハイブリット手術室、心エコー、末梢血管エコー、心臓血管造影装置、末梢動脈脈波測定装置、大動脈バルーンポンプ、補助人工心臓、下肢静脈瘤ラジオ波焼灼装置