大学院研究科

修了生からのメッセージ

稚内市生活福祉部健康づくり課健康推進グループ 宮本 梨恵
(看護学専攻 博士課程前期 基礎看護科学分野 修了)

 私は臨床で看護師として働いた後、大学で学生の教育に携わっていました。学生達に看護ケアの根拠を問ううちに、自身のこれまでの看護実践や経験の意味を問い直すようになりました。自分の経験や看護の力を言語化して伝えること、看護実践の質を高めるための探求をしたいと思い、大学院に進学しました。

 大学院では様々な職歴や経験を持つ人たちと学ぶことができ、自分にはない視点、考え方で物事を捉える思考力を養うことにつながりました。修士論文は大学院生活における大きな産物の一つです。しかしそれ以上に得たものは大きく、共に悩み、励まし合った大学院生や日々ご指導下さった先生方との出会い、取り組んだ課題、ゼミや研究での失敗や、悩み苦しんだ日々も、一つひとつの過程そのものが自己の成長につながり、忍耐力や問題解決能力の向上につながったと感じます。大学院で得た学びや経験は保健医療従事者としてこれからも社会に貢献できるように努めていかなければならないと思っています。

 大学院への進学に興味があっても行動に移すことが難しいと悩む方もいるかもしれません。私も仕事や家庭のことを考えると大学院への進学は大きな一歩でした。大変なこともありますが、学びたいという気持ちを強く持っていれば、周囲の理解や協力を得ながら充実した大学院生活が送れると思います。悩んでいる方は是非、札幌医科大学大学院への進学に向けて一歩踏み出してみませんか。

 

医療法人社団 石史山会 札幌スポーツクリニック リハビリテーション科 十文字 駿起
(理学療法法学・作業療法学専攻 博士課程前期 スポーツ理学療法学分野 修了)

 私は本学理学療法学科を卒業後、2年間道内の総合病院で勤務し、札幌医科大学保健医療学研究科のスポーツ理学療法学分野に進学しました。大学院を志した理由は、4年生の臨床実習で、根拠のある理学療法を行いたいという思いが強くなったことと、臨床において論理的な思考能力の必要性を感じ、その能力を高めたいと思ったからです。

 大学院では、教員や大学院の先輩方とディスカッションをする機会が多くありました。ディスカッションを通して、様々な人から建設的な意見をもらい自分の視野を広げられることや、自分の意見を論理的に整理する能力を洗練できることが大学院の魅力であると思います。また、ゼミの教員、院生だけでなく、学外の人と交流する機会もあり、様々な人から刺激を受けることが、研究あるいは理学療法に対するモチベーション向上につながったと感じています。

 大学院は研究者としてだけでなく、臨床で働く理学療法士としても成長することができる環境であると思います。興味のある方は、ぜひ検討してみてください。

 

北海道医療大学 リハビリテーション科学部 作業療法学科 児玉 壮志
(理学療法学・作業療法学専攻 博士課程後期 精神障害リハビリテーション学分野 修了)

 私は、札幌医科大学を卒業後6年間の臨床経験を経た後に大学院へ進学しました。病院に勤務していた時には、対象者の望んでいる治療と実際に行っている治療が乖離していると感じることがあり「本当に対象者の役に立てているのだろうか?」と悩むことがありました。この問いの答えを見つけるためには、世界で行なわれている臨床実践について最新の知見を得る必要があると考え、大学院への進学という道を選択しました。

 大学院は研究を遂行する場です。研究というと1人実験室に籠るというイメージを持たれるかもしれませんが、それは一側面であり、様々な人との出会いがなければ成り立ちません。指導教員を中心としたゼミ活動を始めとして、国内外での学会発表、他分野の院生との発表、他大学院との交流など様々な場での出会いとディスカッションがあり、研究が精錬されていきました。これら大学院での活動を通して幅広く見識が深まったことも大きな財産となっています。

 日々の臨床で抱えている疑問や悩みを研究という形で解決することは、とても有意義なことですので大学院への進学を考えてみてはいかがでしょうか。