大学院研究科

修了生からのメッセージ

市立札幌病院 救命救急センター 松本 蘭

(看護学専攻 博士課程前期 成人健康看護学分野 修了)

 私は、看護師として実践力を高めたいと6年前に認定看護師資格を取得しました。認定看護師として活動する中で、臨床の疑問を解決する方法などの学びを深めたいと強く考えるようになり、大学院進学を決めました。

 常勤として働きながら大学院で学ぶことは、時間的にも制約があり、大変だと感じることもありました。しかし、臨床の疑問をすぐに授業やゼミでディスカッションすることができるだけでなく、授業やゼミの学びを臨床における実践や教育の場で活用するなど、学びと実践を常にリンクさせることができ、とても充実した毎日でした。研究活動を通して、研究の一連の方法だけでなく、広い視野で物事を捉えることや自分の思考を言語化して伝えることの面白さ・難しさを知ることができました。これらは、どのような時も丁寧に指導してくださった先生方、様々なバックグラウンド持つ院生の仲間達に支えられて得られた貴重な学びであったと思います。

 今後は、大学院での学びを自身の実践力に繋げるだけでなく臨床実践の場に還元し、学び続けることの面白さや楽しさを伝えていきたいと考えています。

 大学院に興味を持った時点で、すでに新たな一歩を踏み出しています。ぜひチャレンジしてみてください。

 

北海道社会事業協会帯広病院 リハビリテーション科 廣田 健斗

(理学療法学・作業療法学専攻 博士課程後期 生体工学・スポーツ整形外科学分野 修了)

 私は本学卒業後、1年間常勤の理学療法士として病院勤務した後に、本学の博士課程前期と後期へ進学しました。博士課程後期では前期で行った研究を発展させ、基礎的な研究を行うとともに、患者様を対象とした研究も行いました。

 本学の研究環境はとても優れており、「自分のやりたい研究」を実現するための機器や実験環境が使用できることは本学の大きなメリットであると感じました。また、指導教員以外の先生にも相談しやすく、多くの先生方に助言を頂き幅広い視野で研究活動に取り組むことができました。

 指導教員のサポートもあり、研究助成金を獲得できたことや研究成果が国際誌にも掲載されたことは忘れられない経験となっており、今後のモチベーションにも繋がりました。さらに、ゼミ内で自らが中心となり、大学院生・学部生と協力してプロジェクトを進行したことで、リーダーシップを持って研究活動に取り組むことへの自信に繋がりました。

 このような経験を通じ、臨床・研究・教育に求められる基礎的な能力をトレーニングできたと感じています。みなさんも今後活躍するための基礎を本学大学院で身につけていきませんか。

 

社会医療法人社団三草会クラーク病院 リハビリテーション科 佐藤 あやの

(理学療法学・作業療法学専攻 博士課程前期 末梢神経・筋障害学分野 修了)

 私は学部生時代の実習において、臨床で働きながら研究を行っている諸先輩方を拝見して、「将来、自分が気になったことを研究できるような知識や経験を身につけておきたい」という思いを抱き、大学院入学を決めました。

 大学院時代には、論文を作成するにあたっての経験はもちろん、学会への参加や発表を通して学外の多くの先生方と出会い、様々な知見を得ることができました。また同じ大学院に通う仲間とも高めあいながら研究を進められ、このような機会を得ることは簡単ではないと考えるため、この2年間での経験は大変貴重なものだったと感じております。

 また、並行して札幌医科大学附属病院で非常勤勤務を行っており、私が大学院を志したきっかけである「臨床に出ながら研究を行う」ことの一端を経験することができ、作業療法士を続ける上で本当に大切な経験となりました。

 現在は札幌医科大学を離れ、別の病院で常勤勤務を行っておりますが、大学院時代に培ったものが本当に活きているなと感じています。今後、臨床に加えて研究を行うことも、或いは教育の場に関わることも視野に入れながら、先ずは実際に患者さんの治療を行う経験を積んでいきたいと考えております。大学院は、研究のみに留まらない幅広い知識と経験、そしてそこから生まれる選択肢をいくつも得られる場です。一つの可能性として、大学院への入学を検討してみてはいかがでしょうか。