大学院研究科

生体機能評価学(前期)

教育研究分野紹介

 近接領域の生体医工学、スポーツ科学分野の研究機関や企業との連携を深めながら、非侵襲的な医用イメージング技術と運動学的手法を用い、運動器(筋や腱などの生体軟組織)の形態・機能・性状を対象とした、高い定量性と汎用性を持つ次世代のリハビリテーション評価と効果的な理学療法の研究開発を目指しています。

生体機能評価学
▲超音波工学技術を用いたヒト骨格筋の機械的な特性評価

教員紹介

准教授 谷口 圭吾

研究テーマ

  1. 最新工学技術を応用した筋メカニクスの可塑性解明と運動療法の基盤形成
  2. 医用イメージングによる運動器の非侵襲・定量的な機能評価法の開発
  3. スポーツ外傷・障害発生の機序解明および予防方法の探索

研究業績

競争的資金

  1. 肩関節後方関節包の力学ストレス可視化・定量化の試みと効果的な運動療法の考案
    日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究
    研究期間:2019年-2020年 代表者:飯田尚哉,協力者:谷口圭吾
  2. 超音波剪断波エラストグラフィによる腱板機能不全の定量評価と継時的変化の検証
    日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究
    研究期間:2019年-2021年 代表者:榊善成,協力者:谷口圭吾
  3. 構造的な関節不安定性に着眼した慢性足関節不安定症の筋弾性を含む包括的筋機能の解明
    日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究
    研究期間:2019年-2021年 代表者:小林匠,協力者:谷口圭吾
  4. 足部アーチ異常に対する効率的な治療法の考案−超音波エラストグラフィ法を用いた筋機能の解明から−
    ミズノスポーツ振興財団:2019年度研究助成金
    研究期間:2019年-2020年 代表者:小林匠,分担者:谷口圭吾,小田航平,廣田健斗,越野裕太,片寄正樹
  5. 剪断波イメージングによる次世代の筋メカニクス可塑性評価の開発と運動療法の基盤創出
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    研究期間:2018年-2020年 代表者:谷口圭吾
  6. 神経筋機能と機械的特を考慮した膝関節屈筋包括的力発揮能力評価方法の開発
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    研究期間:2018年-2020年 代表者:青木信裕,分担者:谷口圭吾
  7. 肩関節後方関節包に対する力学ストレスの可視化・定量化
    ノーステック財団:若手研究人材・ネットワーク育成補助金
    研究期間:2018年-2019年 代表者:飯田尚哉,分担者:谷口圭吾,片寄正樹,渡邉耕太,宮本浩樹,谷口達也
  8. 超音波剪断波エラストグラフィを用いた肩関節後方関節包の受動的な弾性特性評
    日本理学療法士学会:理学療法にかかわる研究助成
    研究期間:2018年-2019年 代表者:飯田尚哉,分担者:谷口圭吾,片寄正樹,渡邉耕太,宮本浩樹,谷口達也
  9. RELATIONSHIP BETWEEN THE SHEAR ELASTIC MODULUS AND PASSIVE FORCE IN POSTERIOR SHOULDER CAPSULES: A CADAVERIC STUDY
    International Society of Biomechanics in Sports:Travel Grant
    研究期間:2018年 代表者:飯田尚哉,分担者:谷口圭吾,片寄正樹,渡邉耕太,宮本浩樹,谷口達也
  10. カラードプラ法を応用したイノベーティブな筋組織性状評価法の妥当性検証
    札幌医科大学術振興会助成金
    研究期間:2017年-2018年 代表者:谷口圭吾
  11. 定量的な組織性状マッピングに基づくヒト骨格筋の可塑性評価と運動療法の基盤形成
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    研究期間:2014年-2017年 代表者:谷口圭吾
  12. 関節の動きを増幅する屈曲点の出現メカニズムとその機能的意義
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    研究期間:2013年-2016年 代表者:衣笠竜太,連携研究者:谷口圭吾