大学院研究科

入試要項

令和4年度 大学院保健医療学研究科入学試験について

保健医療学研究科では、令和3年9月4日(土)に博士課程前期の入学試験を実施いたします。

◆出願資格認定申請期間及び願書受付期間は次のとおりです。
【出願資格認定申請期間】

令和3年6月21日(月)~6月30日(水)まで

【願書受付期間】

令和3年7月7日(水)~7月15日(木)まで

 

※出願資格審査は、学生募集要項中、「2 出願資格」に定める(5)から(7)により出願しようとする方のみ必要です。

※出願資格認定審査申請書類および出願書類等は、郵送で受付けます。持参することはできませんのでご注意ください。

 

詳しくは、令和4年度 学生募集要項をご覧ください。

※郵便局に備え付けの「振込取扱票」でお振り込み可能です。
こちらの記入例をもとに必要事項を記入のうえ、ご利用ください。

※郵便局に備え付けの「振込取扱票」を使用の場合は、「振替振込請求書兼受領証」をご提出ください。

※「日附印」に押印がないものは受理できません。必ず窓口にて日附印の押印を受けてください。


保健医療学研究科では、令和4年1月22日(土)に博士課程後期の入学試験を実施いたします。

◆出願資格認定申請期間及び願書受付期間は次を予定しています。
【出願資格認定申請期間】

令和3年10月25日(月)~11月2日(水)まで

【願書受付期間】

令和3年11月26日(金)~12月3日(金)まで

 

博士課程後期の募集要項は、10月中旬からの配付を予定しています。

学生募集要項の配布について

 現在、令和4年度大学院保健医療学研究科(博士課程前期)募集要項を次のとおり配布しております。

【郵送による配布】

 封筒に「大学院保健医療学研究科(博士課程前期)募集要項請求」と朱書きし、返信用封筒(角2号[A4版が入る大きさ])に250円分の切手を貼付し、郵便番号、住所、氏名を明記の上、同封してください。

【窓口での配布】

 事務局学務課大学院係窓口に設置しておりますので、ご自由にお持ちください。

※新型コロナウイルスの感染拡大状況により大学施設内への立入りが制限された場合は、制限内容に基づき窓口での配布を中止する場合がございますので、HP等ご確認のうえ、ご対応願います。

 

また、上記取得方法以外に、下記より様式をダウンロードのうえ、ご使用も可能です。その際、郵便局に備え付けの「振込取扱票」でお振り込みをお願いしておりますので、各自で記入例を参照のうえ必要事項をご記入ください。

※郵便局に備え付けの「振込取扱票」を使用の場合は、「振替振込請求書兼受領証」をご提出ください。

※「日附印」に押印がないものは受理できません。必ず窓口にて日附印の押印を受けてください。

 

学生募集要項様式
【博士課程前期】

 

看護学専攻 説明会の開催について

2021年度 第2回 看護学専攻 説明会

専門分野(博士課程前期)
看護教育学 小児健康看護学 老年健康看護学 小児看護CNS
基礎看護科学 地域看護学 精神看護学 クリティカルケア看護CNS
女性健康看護学 成人健康看護学 基礎臨床医療科学 精神看護CNS
開催日時

2021年10月22日(金)18:30~19:30

開催方法

オンライン開催(Web会議システムZoom)

開催方法
  • 申込み締切:2021年10月14日(木)まで
  • 申込み方法
    右のQRコードもしくは、下記のアドレスにアクセスし、必要事項を記入のうえ送信してください。
    開催前日までにご登録いただいたメール宛てに参加方法をご連絡いたします。

    https://business.form-mailer.jp/fms/f0b339e7153018

留意事項
  • ご参加にはインターネット接続環境が必要です。有線LANやWi-Fi等、通信状態の良い場所でご参加ください。
  • 音声での質問、指導教員への個別相談をご希望される場合には、マイクが必要となります。マイクが搭載されているパソコンもしくは、外付けのマイク(マイク付きイヤホンも可)をご準備ください。
  • 当日は、「看護教育学」「基礎臨床医療科学(内科学)」の分野別紹介・個別相談は実施しません。受験を希望される場合は、下記の連絡先へ直接ご相談ください。

 

入試問題の閲覧について

  • 過去10年分(平成23年度分~)の入試問題(問題のみ公表、解答は無し)
  • 取扱:平日9:00-17:00 ※休業日(土曜日・日曜日・祝日)は取扱できません。
  • 方法:事前予約制。
    1. 下記問い合わせ先まで、件名に「入試問題の閲覧」と入力のうえ、メールでお申し込みください。
    2. 閲覧を希望する前日12時までに連絡をお願いします。折り返し、決定した閲覧日程を通知します。
      ※休業日はメールの取扱を行っていないため、お申し込み受付ができませんのでご注意ください。
    3. 本学学務課(大学院)事務室等での閲覧となります。
    4. 閲覧時間は30分までといたします。
    5. 過去問題は閲覧のみです。複写や書き写し、カメラによる撮影はできません。
  • 注意事項:来学時は必ずマスクをご着用ください。
    発熱など体調不良や症状がある場合は来学をお控えください。

 

大学院保健医療学研究科パンフレット

 

長期履修制度

社会人入学生等を対象に、標準修業年限を超えて履修する制度についてお知らせします。

長期履修の申請に当たっては、事前に指導予定教員とよく相談してください。

1 申請資格

 長期履修の申請ができるのは、職業を有している等の事情により、標準修業年限において修了することが困難と見込まれる方です。職業を有している等とは、有職者(正規職員以外を含む。)その他のやむを得ない事情にあることをいいます。

2 修業年限及び在学期間

 博士課程前期 4年

 博士課程後期 6年

 長期履修が認められた場合でも、期間延長は認められません。

3 申請時期

 長期履修希望者は入学試験合格後、別に定める期間内に「長期履修申請書」を事務局学務課主査(大学院)に提出してください。

 なお、入学後における申請は認めません。

4 授業料

 授業料の年間納付額は、通常の授業料の年額に標準修業年限に相当する年数(博士課程前期2年、博士課程後期3年)を乗じて得た額を、長期履修を認められた年限の年数(博士課程前期4年、博士課程後期6年)で除した額とします。長期履修を認められた学生が、履修期間を短縮する場合は、授業料の差額を納付しなければなりません。

 なお、在学中に授業料改定が行われた場合には、新授業料が適用されます。

 

【大学院入試に関するお問い合わせ先】

大学院入試に関するお問い合わせは、下記へお願いします。

学務課大学院担当 向井
メールアドレス:hoken-grad*sapmed.ac.jp (注) *を@に変更してください。
電話番号:011-611-2111(内線23770)