大学院研究科

老年健康看護学

教育研究分野紹介

 老年健康看護学では、人生の完成期にある高齢者の健康とその人らしい生活を支える看護をめざし、高齢社会に貢献する教育・研究者の育成と看護実践の開発に取り組んでいます。博士課程前期(論文コース)では高齢者ケアを取り巻く社会的情勢を踏まえつつ、老年看護学の基盤となる諸理論、実践活動とそのエビデンスについて探求します。博士課程後期では病院、施設、在宅など様々な場に暮らす高齢者とその家族の健康課題について看護学および関連領域の視点から総合的に考察し、科学的な援助モデルの開発を探求します。

教員紹介

教授 長谷川 真澄
講師 木島 輝美
講師 鳥谷 めぐみ

研究テーマ

  1. せん妄ケアの質評価指標の開発
  2. 急性期病院のせん妄対策を推進するプログラムの開発
  3. 認知症の人と家族に対する診断後支援に関する研究
  4. 軽症脳卒中患者への再発予防支援プログラムの開発

研究業績

研究論文
書籍・DVD

競争的資金