国境なき医師団日本 中嶋優子新会長と山下学長のオンライン対談を実施しました

画像スライド集

国境なき医師団
イエメン(国境なき医師団)
イエメンでの活動(国境なき医師団提供)
南スーダン(国境なき医師団)
南スーダンでの活動(国境なき医師団提供)
学生時代
札幌医大 学生時代(ポリクリ班)右端:中嶋優子先生
Emory救急部勤務中に自分の救急搬送組織の救急隊員が患者さんを連れてきた時
現在:米国Emory University Assistant Professor 救急部勤務のようす
2022年3月より、国境なき医師団日本の会長に、本学医学部2001年卒(48期)の中嶋優子先生が就任されました。中嶋先生は、現在、米国Emory University Assistant Professorを務めながら、国境なき医師団日本会長として活動を行っております。
このたび、6月14日に、米国アトランタ在住の中嶋先生と山下学長によるオンライン対談を実施いたしました。
中嶋先生からは、学生時代のお話、札幌医大や北海道の思い出、国境なき医師団に参加したきっかけや、現在の活動のお話など、貧困地域や紛争地域を含めて、世界各地で医療の最前線で活動する国境なき医師団、そのリーダーとして貴重なお話を伺いました。

本対談内容は、本学HPとYouTubeに近日中にアップする予定です。


チャンネル登録をお願いします

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課 企画広報係