Loading...

理学療法学科 学科紹介

神経・発達障害理学療法学

領域紹介 -神経・発達障害理学療法とは

 この領域は二つの重要な分野(神経障害理学療法・発達障害理学療法)を包括しています。

 神経障害理学療法分野では、脳卒中や脊髄損傷を始め、脳や神経系の病気により障害をもたれた方々に対する理学療法について学習します。病気の発生機序や障害の評価、具体的な介入方法や日常生活での支援・介助について、講義だけでなく演習、そして臨床現場での実習を通して学び、対象者それぞれの問題に合わせた適切かつ効果的な理学療法が実践できる力を養います。

 発達障害理学療法分野では、先天的または後天的に脳や神経系、あるいは運動器系の病気により身体に障害をもたれた方々に対する理学療法について学習します。主に、脳性麻痺、二分脊椎症、筋ジストロフィー症といった運動障害を呈する疾患を対象とします.これらの病気の発生機序、障害の評価、具体的かつ効果的な介入方法や発達を考慮した日常生活への支援・介助について、講義や演習、そして臨床現場での実習を通して学び、理論的背景のある理学療法評価と治療を理解します。

教員紹介教員一覧

教授 小塚 直樹

「脊椎動物の体の中で、神経はとても重要なパーツの一つです。正常に作動していれば、自分の意図した動きを適切に遂行したり、危険を回避したりできるけれど、ひとたびこのパーツに障害が起こると、様々な障害のパターンによって、いろいろな神経症状が出現し、心身の回復を阻害します。このような障害のパターンを見分け、調べ、適切な治療が何かを探っていく臨床理学療法学です。」

准教授 菅原 和広

「ヒトが“いい感じ”に動くには、脳-神経-筋の調和した働きが不可欠です。このメカニズムの探求に尽力し、理学療法のさらなる発展に貢献していきたいと思っています。」

講師 佐々木 健史

「ヒトにとって、座る・立つ・歩くなどの姿勢や動作は基本的かつ重要な能力です。これらの障害は日常生活の不便さだけでなく精神・心理的な問題にも関わっていきます。身体をしっかりと安定させ、自由な移動を可能にするための脳や神経系のメカニズムについて理解を深め、的確な理学療法への応用を目指しています。」

助教 田代 英之

「歩行をはじめとする基本的な動作を一人で行えることは、様々な障害を有する患者さんにとっては当たり前のことではありません。理学療法によって、患者さんの基本的な動作など様々な活動の自立を支援することが私たちの使命です。運動をするためのメカニズムを理解し、患者さんに対して適切な理学療法を提供できるよう、一緒に学んでいきましょう。」

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 「早産・低出生体重児」と呼ばれる新生児の段階から医学的治療が必要になる赤ちゃんの発達の特徴を調べる研究

    神経・発達障害領域 写真

    神経・発達障害領域 写真

  2. 脳性麻痺・筋疾患の運動の特徴についての研究
  3. 正常な子どもの運動の特徴
    神経・発達障害領域 写真
  4. ヒトの随意運動制御に関わる脳活動の解明(脳波,脳磁図,経頭蓋磁気刺激を用いた研究)
    神経・発達障害領域 写真
    神経・発達障害領域 写真
  5. 脳卒中患者の運動機能回復に関連する脳画像計測と予後予測(臨床研究)
  6. 高齢者、脳卒中患者の姿勢制御と転倒に関する研究
    神経・発達障害領域 写真
    神経・発達障害領域 写真

研究室ホームページへのリンク

https://sapmedpediatricspt.wixsite.com/pedpt