トピックス

学長メッセージ

令和2年7月30日

学生の皆さんへ

学長 塚本 泰司

 新型コロナウイルス感染症は、首都圏や関西圏などで感染が急速に拡大しています。このため、8月1日以降の制限レベルは現行の「レベル2」を8月31日まで継続することにしましたので、体調管理の徹底をはじめ感染防止対策の基本行動を継続してください。

 また、文部科学省より飲食店等における学生が関係するクラスターの発生防止に向けた注意喚起に関する通知がありましたので、次のことに留意して行動してください。

 なお、制限レベルの継続に伴い「新型コロナウイルス感染症防止のための札幌医科大学の行動指針『制限レベル引き下げによる学生の課外活動等方針』」も継続となりますので、引き続き各自(部活)で感染拡大予防対策を講じてください。

  1. 日頃から三密(密閉、密集、密接)が発生する場所を徹底して避けること。
  2. 大人数での会食や飲み会を避けること。特に団体として学内外で開催する飲食を伴う懇親会(新人歓迎コンパを含む)は禁止されているので遵守すること。
  3. 大声を出す行動(飲食店等で大声で話す、カラオケやイベント、スポーツ観戦等で大声を出すなど)を自粛すること。

再通知

※感染拡大地域への移動については、やむを得ない場合を除き、できる限り行わないこと。
病院見学・インターンシップや私事の冠婚葬祭などやむを得ず感染拡大地域へ移動する場合は、感染を防止する行動はもとより、事前に目的地への移動が制限されていないか確認するとともに、移動先の流行状況を把握するなど慎重に行動すること。(7月21日付け通知)