受験生の皆様

在学生からのメッセージ

 

看護学科  ▼理学療法学科  ▼作業療法学科


看護学科4年生 南 アリア札幌第一高等学校出身
看護学科4年生 みなみ ありあ

 私が札幌医科大学を志望した理由は、少人数制であること、専門性の高いカリキュラムに魅力を感じたからです。特に臨床実習ではその魅力が大いに発揮されます。臨床の場では初めての経験ばかりで戸惑いや悩みもありましたが、先生や指導看護師の方が一人ひとり丁寧に指導してくださり、将来に繋がる考え方や自身の新たな一面に気付くきっかけになりました。また1学年からの学びの積み重ねの重要性も実感しました。将来は患者さんと看護者の両方の視点から、患者さんにとっての最善を一緒に見つけていける看護師になりたいです。大学では将来を豊かにしてくれる充実した日々が待っています、受験生の皆さんの夢が叶うよう応援しています。


理学療法学科3年生 山形 一真小樽潮陵高等学校出身
理学療法学科3年生 やまがた かずま

 私は少人数教育により高い専門知識を学べると思い、札幌医科大学を志望しました。入学後は生理学、運動学、解剖学などの専門科目を学び、2年生の病院実習では、評価診断に関する実践的な技能を学ぶことができ、とても良い経験になりました。学生と先生との距離も近く、疑問点をすぐに解決できることも特長のひとつです。卒業後は、確かな専門知識を持ち、患者さんから信頼される理学療法士になりたいと思います。札幌医科大学は学生の横のつながり、縦のつながりが強く楽しい大学です。
 この大学で一緒に学びましょう!


作業療法学科4年生 小野 雅札幌手稲高等学校出身
作業療法学科4年生 おの みやび

 学科ごとの専門的な学習だけでなく3学科合同授業を通じ、他職種と連携して地域で活躍できる医療人を目指すことができると思い、本学を志望しました。
 学生同士の繋がりはもちろんですが、学科の先生との繋がりも年々強くなっていきました。勉強や進路についての相談を親身に聞いてくださり、自分自身の選択肢が広がっていきます。将来は患者さん一人ひとりとしっかり向き合い、その方の生活に寄り添ったリハビリテーションを行える医療人になりたいです。
 受験勉強は、終わりが見えないと思うくらい苦しい時もあるかと思いますが、そこまで努力できたことはこれからの糧になると思います。自分のやりたいことをやるために諦めずに頑張ってください。