キャンパスライフ

学部生のキャンパスライフ紹介

理学療法学科(現 第2学年)峰田 城一郎 さん

8:45 通学

通学はいつも地下鉄です。「西18丁目駅」から徒歩5分で着きます。

8:50 掲示板を確認

学科別・学年別の掲示板があり、授業関係のお知らせがないかチェックします。

10:00 講義

一番頑張っているのは「運動学」です。

骨や筋肉の触り方や働きを学んでおり、将来理学療法士として働く上で、とても重要な内容なので、より力を入れて勉強しています。

12:10 昼休み

お昼は、友人たちと一緒に大学周辺で外食します。

 
15:00 空き時間

空いた時間で課題レポートを作成します。コンピューター室は、いつでも使えるのでとても便利です。

17:00 空き時間や放課後は・・・

部活動ではダンス部に所属しており、サークル棟にある部室内で日々学習しています。アルバイトもありますが、勉強と両立できるよう頑張っています。

 

研究科生のキャンパスライフ紹介

看護学専攻 博士課程前期(精神看護学領域) 小川 賢一さん

 私は札幌市内の病院に勤務しながら、博士課程前期(看護学専攻 精神看護学領域)に入学しました。現在の1週間のスケジュールは、月曜日に看護理論や看護研究法の講義、木曜日には質的研究法の講義や専門領域のゼミを受講しています。月曜日と木曜日以外は病棟での日勤や夜勤の業務に携わっています。

【専門領域のゼミ】

 精神看護領域の教授陣の高度な見識に基づく卓越した指導を受けられる環境です。精神科領域の重要なテーマについて多くの学びが得られ、日々新たな刺激や発見の連続です。現在は日ごろから疑問や関心を持っているテーマについてブレインストーミングを行い、より意義のある研究テーマを模索しています。同領域の先輩の研究テーマから学ばせていただく機会もあり、大変貴重な経験となります。

【専門領域以外の科目】

 看護理論や看護研究の講義は、専攻領域以外の教授陣から講義を受けられる貴重な機会です。プレゼンテーションやディスカッションを行う機会もあり、自らの意見や考えを述べる力が試されます。ディスカッションでは、それぞれの領域で様々な経歴を持つ同期や先輩方の多様な知見から、毎回新たな気付や学びが得られます。この経験は、大学院での学びにおいて最大の魅力の一つだと感じています。

【同期の存在】

 入学当初は、「自分の経験値で同期とのディスカッションについていけるだろうか。」という不安がありました。しかし、難解なテーマについて共に悩んだり助け合ったりする中で、「それぞれ不安もありながら新しい環境に挑戦していて、皆条件は同じなんだ。」と気付きました。年齢や領域が違っても、同じ目標を持って協力したり笑い合えたりする同期の存在が、今では大きな支えとなっています。

【病院での勤務】

 仕事と学業の両立は簡単なことではありませんが、指導教員や職場のスタッフ、家族からの理解・サポートに日々支えられています。また、「あまり無理するんでないよ。」と、優しい声をかけてくれる患者さんの存在が、全ての原動力になっています。臨床は発見の宝庫であり、日々の臨床における疑問や関心にこそ、重要な研究テーマが潜んでいると感じます。大学院での学びを一つでも患者さんにお返しすることが、現在の目標です。


理学療法学・作業療法学専攻 2年生 博士課程前期(高齢者・地域健康科学分野) 岩田 昴樹さん

 私は札幌医科大学保健医療学部を卒業後、昨年4月に本大学の大学院に進学しました。

 普段はゼミで指導を受けながら研究活動を行い、週に2回非常勤で隣接する札幌医科大学附属病院に勤めています。

【専門領域のゼミ】

 毎週月曜日の夜にゼミがあります。ゼミにはご指導いただいている先生たちの他、講座に所属している院生や学部生も参加しており、各々が交代で自身の研究発表や文献抄読を行っています。ゼミでは先生たちからの指導が受けられるだけではなく、様々な研究に関するディスカッションが行われるため他分野の研究への知見も広げることができます。

【研究活動】

 大学院も2年目になると講義形式の授業はほとんどなく、日中は実験室か院生室で過ごし、自分の研究を進めていきます。実験室では指導教員や他の院生と協力し、議論を深めながら実験やデータの解析、考察といった作業を行っていきます。研究活動の時間以外にも、院生室では他の院生と交流を持つことができ充実した生活を送ることができています。

【非常勤活動】

 本学の大学院では研究活動と並行して、札幌医科大学附属病院で理学療法士として患者さんを診ることができるため、週に2回勤務に出ています。まだ卒業2年目なので臨床の経験は多くはありませんが、病院の先生方にご指導をしていただきながら理学療法士としてのスキルアップを目指しています。