札幌医科大学開学70周年(創基75周年)事業について

開学70周年写真

ごあいさつ

塚本学長
理事長・学長 塚本泰司
 1950年(昭和25年)に開学した札幌医科大学は本年6月に70周年を迎えます。前身の北海道立女子医学専門学校の創立からすると創基75周年となります。この間、1993年(平成5年)には札幌医科大学衛生短期大学を基盤とし、3学科(看護学科、理学療法学科、作業療法学科)から成る保健医療学部を開設しています。2007年(平成19年)からは北海道公立大学法人札幌医科大学として、医学部、保健医療学部から成る医療系の総合大学となり、大学法人としての新たな歩みを開始しました。
 現在、札幌医科大学に在籍する学生は学部学生1,038名、大学院学生・研究生328名の数に及んでいます。学生教育に携わる教員は400名に達し、教員1人当たりの学生数などで評価される大学評価の教育リソース部門では、全国の全ての大学の中でも常にベスト10位に入る充実度を維持してきています。
 札幌医科大学は、開学以来、「進取の精神と自由闊達な気風」、「医学医療の攻究と地域医療への貢献」を建学の精神に掲げ歩んできました。開学当時、歴史ある大学に先駆け「麻酔科学」、「心臓血管外科学」、「脳神経科学」などの講座をいち早く開設した事実は、本学の建学の精神である「進取の精神」を示すものと言えます。また、保健医療学部が4年制大学として開設されたのは道内で初めてです。
 さらに、開学当時より「医学・医療の攻究」を目指すという建学の精神の下、時流に流されない長期的視野に立った研究、独創的な新しい領域を切り開くような研究が次々と生まれていることも、大いに誇るべきことです。その結果の1つが、本学で行われた研究の成果を保険診療としての実践を可能にした、骨髄間葉系幹細胞を用いた神経再生の治療です。
 建学の精神のもう1つの柱の地域医療への貢献に関しては、北海道における最先端の医学と医療を担う優秀な人材を数多く輩出してきた、という事実があります。両学部の卒業生の数は現在までで約9,000人に及びますが、その大多数が北海道各地に深く根をおろし、最新の医学・保健医療学の知識や技術を医療の現場に提供してきました。毎年、2,000人以上の常勤あるいは非常勤の医師が地域の医療機関へ赴いて医療を実践している大学は他には稀です。本学が地方の一公立大学であるにも関わらず研究、医療の面で高い評価を得ている理由は、このように揺るぎない建学の精神を掲げ着実にそれを実践してきたことによると考えています。
 札幌医科大学は、附属病院も含め大きく様変わりしています。2014年(平成26年)から始まった大学教育研究棟の新設工事、保健医療学部棟の新設工事と既存棟の改修工事、および附属病院西棟の増築、そして病院既存棟の改修工事が順調に進んでいます。附属病院の改修工事が最終的に終了するにはもう少し時間がかかりそうですが、大学関連の施設は2021年(令和3年)までに完成します。全てが完成すれば「医の知(いのち)」の殿堂に相応しい施設ができます。これを土台にして、70周年の先にある100周年に至る道を見据えた準備をします。
 札幌医科大学は、建学の精神に沿い今後とも大学の使命である教育、研究、臨床の一層の発展を目標に邁進します。そして、北海道の病院として道民の皆様の健康維持にさらにお役に立つよう努力いたします。

開学記念事業について

 令和2年(2020年)6月25日、本学は開学70周年(創基75周年)を迎えます。そのため、記念事業実行委員会を立ち上げ、次の事業を行っていきます。

式典・祝賀会

日 時:令和2年6月25日(木)18:00予定
場 所:札幌プリンスホテル国際館パミール
対 象:大学関係者

記念講演

日 時:令和2年6月27日(土)
場 所:札幌医科大学臨床教育研究棟1階 講堂
講演者:未定  
対 象:大学関係者及び一般の皆さま

冠事業について

本学が連携協定を締結している民間企業との共催による記念特別講演会・記念公開講座の開催を予定しております。 
記念特別講演会
日 時:令和2年6月12日(金)14:00~15:30
場 所:札幌医科大学臨床教育研究棟1階 講堂
講演者:札幌医科大学理事長・学長 塚本 泰司
対 象:一般道民の皆さま及び大学関係者
主 催:札幌医科大学、札幌医科大学大学祭実行委員会、北海道新聞社
記念公開講座
北海道新聞社様、北洋銀行様、株式会社ホリ様、大地みらい信用金庫様、十勝毎日新聞社様、稚内信用金庫様、北海道コカ・コーラボトリング株式会社様など、多くの民間企業との共催による記念公開講座を予定しております。

募金事業

広く皆さまからのご協力を仰ぎ、寄附金を募り、将来を担う学生や若手研究者の教育・研究環境の充実を目的に、講堂や教室の設備整備などに使用させていただきます。
下記「医の知の寄附金」からご寄附をお願いします。
  • 医の知の寄附金【準備中】
  • 募金趣意書【準備中】
  • 申込書【準備中】