Loading...

公衆衛生看護学専攻 在学生・修了生の声

在学生の背景

主な出身大学

札幌医科大学/北海道大学/北海道医療大学/天使大学/東京女子医科大学/埼玉県立大学/群馬大学

修了生の進路

修了生全員が保健師として就職し、活躍しています。

就職先

北海道内 北海道外
北海道/札幌市/小樽市/旭川市/釧路市/帯広市/三笠市/千歳市/北広島市/長万部町/倶知安町/標津町/対がん協会 東京都/横浜市/西海市

在学生の声

笹木 智香北海道大学医学部保健学科看護学専攻 出身

笹木智香 北海道大学医学部保健学科看護学専攻出身

 私が札幌医科大学専攻科公衆衛生看護学専攻を志望した理由は、充実した実習プログラムや講義内容が組まれており、保健師として働く上での知識や実践力を培い、より社会に貢献できる保健師になれると感じたためです。前期期間では公衆衛生看護の基礎的な内容から、行政、学校、産業それぞれの場における保健活動についての具体的な実践活動まで幅広い内容を学び、濃密な時間を過ごすことができました。
 本学ではグループワークや演習を通して学生同士で話し合い、意見を交流する機会が多く設けられています。グループでの健康教育やプレゼンテーションを沢山経験することで互いに学び合い、助け合いながら保健師としての力を高めることができていると感じています。少人数制のため同期との絆も深まり、また先生方も親身にサポートしてくださるため、学習や就職に向けた相談がしやすい環境が整っています。
 看護学科で学んできた知識や経験も活かしながら、専攻科で日々新しい学びができることはとても楽しいです。ぜひ専攻科生として、同じ志を持った仲間たちと充実した時間を過ごしてください。

平井 佑治札幌医科大学保健医療学部看護学科 出身

平井佑治 札幌医科大学保健医療学部看護学科出身

 私が本学の専攻科への進学を希望したのは、保健師を目指す上で本学のカリキュラムでは、行政や産業、学校保健など保健師の働く中心になる科目だけではなく、災害保健指導や国際文化コミュニケーションなど、将来の保健師において重要度が増すと思える科目を履修できることなど、授業の多彩さや幅の広さに魅力を感じたからです。前期の授業は、そのどれもがこれまで学んできた看護師の視点とは異なり、自分の中に新たな知識のつながりや発見を繰り返す充実した時間でした。
 専攻科は比較的少人数で構成されているため授業中もディスカッションやグループワークが多く取り入れられており、他の学生や教員からの意見を聞くことができて、とても活発な授業となっています。また、こういった他者の意見を聞き自分の意見を発表する機会が多いことは、チーム医療や協働に多く関わることになる保健師にとって、とても有意義な経験だとも思います。
 新たに何かを学ぶということは、とても勇気の必要なことだと思います。ですが、札幌医科大学公衆衛生看護学専攻は、受験生の皆さんの勇気と熱意に応えられる環境だと思います。受験生の皆さん、合格目指して頑張ってください。

修了生の声

伊藤 萌花(令和3年度修了生)札幌市 保健師 天使大学 出身

 私は看護大学での学びを通し、病気といった健康課題だけではなく、少子高齢社会に伴う地域課題、昨今問題視されている児童虐待などに関心を持ちました。そこで、医療の知識・技術を持つ看護職という専門性を活かし、人々が暮らしやすい社会づくりを行いたいと思い、地域の健康を守る立場である保健師を目指し始めました。

 専攻科では幅広い分野の実習や、様々な場で活躍されている方達から講義を受ける機会が多くあります。そのため、保健師活動について多方面から深く学ぶことができました。また、昨今の「コロナ禍だからこそ」の活動を身近に知り、公衆衛生看護を行う上で、非常事態への対応について考える力がとても養われたと思います。このような時期に学生生活を送れたことは、大変貴重な経験でした。

 専攻科での1年を終え、保健師という職業が地域に欠かせない、そして人と人との繋がりを感じられる尊い職業であることを実感しています。そして何よりも、素敵な先生方や、同じく保健師を目指す仲間達に出会えたことが私の大きな財産です。これからも悩んだ時には仲間達と励まし支え合い、地域住民・協同して働く方達から信頼される保健師になれるよう、一歩一歩成長していきたいと思います。

田尾 遥菜(令和3年度修了生)北海道 保健師 北海道科学大学 出身

 私は、実習科目が豊富であること、グループワークやディスカッションを通して学びを深めることのできる授業形態が整っているところに魅力を感じ、本学の専攻科を志望しました。多様な実習先で学ぶことで、あらゆる発達段階にある人々を対象とした保健師としての関わりを学ぶことができ、幅広く対応できる実践力や公衆衛生看護を展開する上での大切な視点を身につけることにつながったと考えています。授業におけるグループワーク及びディスカッションでは、同じグループのメンバーや他のグループと意見交換をしながら学びを深めることができました。また、将来保健師としてあらゆる発達段階の対象者と関わる際に説得力のある説明をしたり、広い観点から対象者の健康課題や解決策を考えたりする上で役立てることのできる力を身に付けることができたと感じています。

 1年間を振り返り、札幌医科大学の専攻科で保健師を目指す仲間たちと出会い、共に学校生活を送り、常に支えてくださる先生方の元で学ぶことができたことは私の一生の財産となっています。本学で学んだことを活かし、北海道の保健師として地域で暮らす住民の全ての方が住み慣れた地域で自分らしく、安心して暮らしていくことのできる地域づくりに貢献していきたいです。