専攻科

在学生・修了生の声

在学生の背景

主な出身大学

札幌医科大学/北海道大学/天使大学/北海道科学大学/北海道文教大学

 

修了生の進路

修了生全員が保健師として就職し、活躍しています。

就職先
北海道内 北海道外
北海道/北広島市/小樽市/釧路市/三笠市/長万部町/倶知安町 東京都/横浜市/西海市

 

在学生の声

笹木 智香北海道大学医学部保健学科看護学専攻 出身
笹木智香 北海道大学医学部保健学科看護学専攻出身

 私が札幌医科大学専攻科公衆衛生看護学専攻を志望した理由は、充実した実習プログラムや講義内容が組まれており、保健師として働く上での知識や実践力を培い、より社会に貢献できる保健師になれると感じたためです。前期期間では公衆衛生看護の基礎的な内容から、行政、学校、産業それぞれの場における保健活動についての具体的な実践活動まで幅広い内容を学び、濃密な時間を過ごすことができました。
 本学ではグループワークや演習を通して学生同士で話し合い、意見を交流する機会が多く設けられています。グループでの健康教育やプレゼンテーションを沢山経験することで互いに学び合い、助け合いながら保健師としての力を高めることができていると感じています。少人数制のため同期との絆も深まり、また先生方も親身にサポートしてくださるため、学習や就職に向けた相談がしやすい環境が整っています。
 看護学科で学んできた知識や経験も活かしながら、専攻科で日々新しい学びができることはとても楽しいです。ぜひ専攻科生として、同じ志を持った仲間たちと充実した時間を過ごしてください。


平井 佑治札幌医科大学保健医療学部看護学科 出身
平井佑治 札幌医科大学保健医療学部看護学科出身

 私が本学の専攻科への進学を希望したのは、保健師を目指す上で本学のカリキュラムでは、行政や産業、学校保健など保健師の働く中心になる科目だけではなく、災害保健指導や国際文化コミュニケーションなど、将来の保健師において重要度が増すと思える科目を履修できることなど、授業の多彩さや幅の広さに魅力を感じたからです。前期の授業は、そのどれもがこれまで学んできた看護師の視点とは異なり、自分の中に新たな知識のつながりや発見を繰り返す充実した時間でした。
 専攻科は比較的少人数で構成されているため授業中もディスカッションやグループワークが多く取り入れられており、他の学生や教員からの意見を聞くことができて、とても活発な授業となっています。また、こういった他者の意見を聞き自分の意見を発表する機会が多いことは、チーム医療や協働に多く関わることになる保健師にとって、とても有意義な経験だとも思います。
 新たに何かを学ぶということは、とても勇気の必要なことだと思います。ですが、札幌医科大学公衆衛生看護学専攻は、受験生の皆さんの勇気と熱意に応えられる環境だと思います。受験生の皆さん、合格目指して頑張ってください。

 

修了生の声

髙橋 華慧(令和2年度修了生)北海道 保健師

退院後の患者さんが自分の町で暮らすバックアップができるという点で、保健師に興味をもち入学しました。今までの実習で保健師さんに出会う場は少なく、恥ずかしながら保健師の仕事について漠然としたイメージを抱いていました。そのため、興味や関心のみで学校にすすんでよいのか、大学卒後すぐではなく看護師を経験してからの方がよいのかと悩んでいましたが、オープンキャンパスへの参加や、身の回りの方々に相談して進学を決めました。

入学すると、専攻科の授業は座学の他にもグループワークが多く、中でも実習地の地域診断に苦戦しました。しかし、先生のサポートやグループメンバー同士の協力で学びながら進めていくことができました。演習では、健康教育や家庭訪問を計画して実施し、自己の課題を明らかにします。その後に、地域での実習でさらに実践を積み重ねるというように、保健師のスキルを習得する第一歩が踏み出せる環境が整っていると感じました。学習の過程で躓くことがあっても、先生方が分かりやすく熱心に教えてくださり、大変感謝しています。

卒業する今、やはり専攻科で1年勉強できてよかったと思っています。予防という視点で、全ての世代と関われる保健師の仕事の魅力について、さらに理解が深まりました。保健師になってみたい、興味があるという気持ちを大切に、皆さんもぜひ学びの場として専攻科を選んでいただけたらと思います。


竹内 有里(令和2年度修了生)小樽市 保健師

専攻科に入学して数カ月が経った頃、先生は私たちに「どんな保健師になりたいですか?」「将来保健師としてどのようなことをしたいですか?」と問いました。私はその質問にドキッとしました。コロナ禍で先行きが不透明な生活を送っていくうちに、転職への不安が募り、保健師を目指すことに揺らぎが生じていたからです。学校で先生や仲間と直接会ってコミュニケーションを図る機会は減ってしまったのですが、授業はZOOMを活用したグループワークが多かったので、その機会に自分の抱えている不安や悩みを打ち明けてみました。すると、皆も同じような悩みを抱えながら頑張っていることがわかり、不安や焦りが一気に和らぎました。大切な仲間と出会うことができたこと、そして、いつも優しく丁寧に指導してくださる先生に出会うことができたことに心から感謝しています。

保健師は様々な人と出会うことができ、その出会いによって感性を磨くことができる素敵な職業だと感じています。公衆衛生を看護の立場から実践する担い手として、社会全体の健康を保持増進することができるように、本学での学びを忘れず、地域住民にとって身近で頼れる保健師となれるよう成長していきたいと思います。