専攻科

公衆衛生看護学専攻 教育内容

 近年、医療の高度化や患者の高齢化など、医療現場の著しい状況変化や地域ケアへの移行を背景に、保健師に求められる能力は質・量ともに増大しています。

 こうした背景を受け、「地域医療への貢献」を建学の精神とする札幌医科大学では、北海道の公衆衛生看護を牽引していく高い実践力を持つ、質の高い保健師を養成し、道内各地域へ送り出すため、1年間で保健師を養成する専攻科として2020年4月に公衆衛生看護学専攻を開設しました。

 専攻科の開設により、従来の学士課程での保健師養成よりも、専門科目、臨床実習ともに科目数・単位数を増やすなど、教育内容を充実させるとともに、地方での就業意識を醸成するために、地方で活躍する保健師から直接学ぶ機会を多く設定しています。

 また、保健師として就業したいと希望する学生や社会人の進学先として、大学院等以外の新たな進路の選択肢を提供できます。

 

取得可能な資格

 

カリキュラムの特徴

卒業に必要な科目と単位数

30科目、合計38単位が必要です。全ての単位を修得することで、保健師国家試験受験資格が得られます。

 

年間スケジュール

※科目の内容については、学修の手引きをご覧ください。

 

授業風景

公衆衛生看護学専攻 授業風景 公衆衛生看護学専攻 授業風景
公衆衛生看護学専攻 授業風景 ※掲載中の写真はイメージです

 

実習施設

充実した臨地実習

豊かな実習科目によって、地域社会に対する視野を広げ、高い実践力を身につけます。

科目 実習概要 実習期間 主な実習施設
公衆衛生
看護実習1
地域住民に身近で頻度の高いサービスを提供している市町村での個人・グループ(小集団)を対象として展開されている家庭訪問、健康相談、健康教育、健康診査等への参加をとおして、既存の知識や技術を基盤に対象者や地域の実情に合わせて実践できる能力や多様な場における保健師の役割について総合的な思考を養います。 9月下旬~10月
上旬にかけて2週間
  • 札幌市保健所及び市内10区の保健センター
  • 小樽市保健所
  • 千歳保健所及び管内保健センター
  • 室蘭保健所及び管内保健センター
公衆衛生
看護実習2
地域社会を看護の対象として、保健統計資料の分析や地区踏査などから地域診断を実施し、地域社会で生活する人々の健康課題やニーズの明確化、地域の実情に合わせた課題解決のための対策を立案する能力、地域との協働における保健師の役割について総合的な思考力を養います。

また、地域を包括的に捉えるうえで、保健所と市区町村における公衆衛生看護活動の違いを理解すると共に、各々の役割や機能について学習します。
10月中旬~下旬にかけて2週間
公衆衛生
看護管理
実習
広域的な視点で施策・政策を展開している保健所における公衆衛生看護活動と公衆衛生看護管理の実際から、地域の健康課題に基づいた施策化の展開方法、保健師の役割と機能について学習し、ケアの質を保証する公衆衛生看護管理について学習します。 11月上旬~中旬にかけて1週間
  • 札幌市保健所
  • 小樽市保健所
産業保健
実習
労働者の個人、集団、組織の健康の保持増進及び予防活動における保健師の役割について実践をとおして学びます。

産業看護の概念や公衆衛生看護活動における産業看護の目的、労働者の健康に及ぼす影響、産業看護における看護管理の特徴や展開を学習します。
9月上旬~中旬にかけて1週間
  • 製鉄記念室蘭病院
  • JR札幌病院
  • エア・ウォーター健康保険組合
学校保健
実習
学校保健の場の特性を理解し、個人及び家族、学校組織を対象とした公衆衛生看護活動について実践をとおして学びます。

公衆衛生看護活動における学校看護の目的、学齢期を対象にした公衆衛生看護活動を展開するために必要な方法、技術等について実践をとおして学ぶとともに看護教諭の役割を学びます。
11月下旬~12月中旬にかけて1週間
  • 北海道教育大学
    附属札幌小学校
    附属札幌中学校
  • 札幌市立新琴似北小学校
  • 札幌市立山鼻南小学校
地域包括ケア
実習
地域包括支援センターにおける活動、三職種(保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員)の役割、機能を実践をとおして学びます。

地域で暮らす高齢者への継続訪問を実施し、高齢者と家族への支援方法を具体的に学びます。

地域のニーズを把握し、地域包括ケアシステム構築のために必要な知識や技術、保健師としての役割を学びます。
6月、9月、12月の計4日間
  • 札幌市内地域包括支援センター