看護学科

在宅看護学

領域紹介 -在宅看護学とは

 在宅看護学分野では、病気や障がいを抱えながらも住み慣れた在宅で自分らしく生活したいと願う療養者と家族への看護援助を考えます。学習方法としては、講義、学内演習、訪問看護ステーション実習、地域包括支援センター実習があります。病気や障がいをもつご本人とその家族がどのように在宅で生活しているのかをイメージできるように、講義と連動した学内演習での学びと実習を通して、より具体的に理解できるような学習をしていきます。

教員紹介教員一覧

准教授 上田 泉

高校生へのメッセージ

「在宅で生活を送る、というあたりまえの生活の営みを健康との関係からより深く考えてみましょう。人々の健康と生活を支える在宅看護は、とても深みのある分野です。一緒に生活を支える支援を考えましょう。」

助教 岡崎 まどか

高校生へのメッセージ

「療養者が在宅で最期まで自分らしい生活を送るには、家族の力や支えが大切だと考えています。療養者と家族の価値観を尊重した生活と健康を支える看護について一緒に学びましょう。」

 

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 在宅看護過程、在宅看護アセスメントに関する研究
     在宅で看護実践を行うために必要となる情報収集、アセスメント、計画の立案、実施評価のプロセスをわかりやすく整理し、アセスメントのために必要な情報の項目の枠組みを明らかにする研究を行っています。
  2. 在宅療養高齢者のエンドオブライフケアと家族への支援に関する研究
     在宅療養高齢者の意思を尊重したエンドオブライフケアと家族への支援について、熟練訪問看護師の看護実践を明らかにする研究をしています。
  3. 在宅看護分野における看護技術教育の構築(教育・研究活動)
     看護系大学の在宅看護分野における看護技術教育のコアカリキュラムの構築と評価のテーマで研究に取り組んでいます。
  4. 訪問看護の質の向上を目指した取り組み(社会貢献活動)
     現場で在宅看護を実践している訪問看護師を対象に「在宅看護過程」の研修会を行っています。