看護学科

精神看護学

領域紹介 -精神看護学とは

 あらゆる年齢層の人々の精神的健康について、生物学的、心理学的、社会学的視点から学び、精神的健康の維持・増進・回復のための看護について知識・技術を学びます。

 精神看護は、健康な人も、身体疾患をもつ人も、精神障害をもつ人も、その人がよりよい人間関係の中にいられるよう、個人に、家族に、集団に、社会に働きかけていくダイナミックな看護活動です。

教員紹介教員一覧

准教授 澤田 いずみ

高校生へのメッセージ

「メンヘラ、メンブレなど、精神的な不調を表す言葉が身近にあふれる現代社会。看護職は多くの場面で精神看護を必要としている人に出会います。精神看護は、精神科に限らずどの領域においても必要とされる看護です。薬や道具を使わずに、看護者自身の存在がケアの意味を持つという、看護の醍醐味を味わえる分野です。また、すべての人々が生き生きと暮らせる社会を考える学問でもあります。ぜひ、札医で精神看護を学び、看護のやりがいを実感してください。」

助教 塚本 美奈

高校生へのメッセージ

「精神という目に見えないもの、でも誰にでも身近で大切なものを扱い看護する、その奥深さが感じられる分野であると思います。多様に変化する社会の中で、人の健康と生活や世の中の安寧におけるメンタルヘルスの保持・増進や問題について考えることは欠かせません。一緒に考えてみませんか。」

 

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 精神障害を抱える人のリカバリー
     精神障害をもちながら、夢と希望を携えて人生の舵を取ること、すなわち、リカバリーを目指した看護について探求しています。当事者活動が盛んな北海道浦河町をフィールドに、精神障害をもちながら地域で暮らすこと、働くこと、家族を持つことの意味と支援の在り方について、学び続けています。
  2. 精神障害を抱える人の子育てと子育ち支援に関する研究
    精神看護学  精神障害を抱えながら子育てしている人が治療を受けながら、親子ともに健やかに過ごせるように妊娠・出産・子育てを支援できる研究に取り組んでいます。看護のケアガイドやメンタルクリニックでの支援プログラムの開発、地域活動づくりなどに取り組んでいます。
     また、月に1回、精神障害をもつ親に育てられた子どもの会の開催の場を提供しています。
  3. 子どもと親のメンタルヘルス支援
     子育ては楽しいけれど苦労もあります。オーストラリアで開発された前向き子育てプログラムを小児看護領域と協働で開催し、親御さんのストレスの軽減と子どもの健やかな成長を応援する研究を行っています。
    精神看護学
  4. 認知症高齢者への援助者の関わり
     急速な高齢化の日本では、認知症の高齢者も増加すると推計されています。精神科病院は認知症の方が行動・心理症状(behavioral and psychological symptoms of dementia:BPSD)などが悪化した時に入院し症状を軽減し地域で生活できるようにして退院していただく役割を持っています。そのような中で、日常生活の援助を精神機能に働きかける看護ケアとして説明できるように研究に取り組んでいます。
  5. 摂食障害の方の看護援助
     日本では1980年代から患者数が増加し、慢性化、遷延化、高齢化してきているといわれている摂食障害の方の看護について、対象の方々を理解して看護できることを目指して研究しています。
  6. 精神障害者家族会の活動支援
     心の病を持つ方を支えている家族会の活動を支援しています。NPO法人札家連の加盟家族会である札幌むつみ会の定例会開催や勉強会を支援しています。