看護学科

精神看護学

領域紹介 -精神看護学とは

 あらゆる年齢層の人々の精神的健康について、生物学的、心理学的、社会学的視点から学び、精神的健康の維持・増進・回復のための看護について知識・技術を学びます。

 精神看護は、健康な人も、身体疾患をもつ人も、精神障害をもつ人も、その人がよりよい人間関係の中にいられるよう、個人に、家族に、集団に、社会に働きかけていくダイナミックな看護活動です。

教員紹介教員一覧

教授 吉野 淳一

高校生へのメッセージ

「高校時代は多感な時代です。自分の気持ちの揺れに驚いたりすることもあるのではないでしょうか。精神看護学では、精神に障害のある人を支えるために必要な知識や技能はもちろん、看護する自分自身の気持ちや感情にも焦点をあて、対象となる人とともに成長する方向でその気持ちや感情を使っていくことを学んでいます。」

准教授 澤田 いずみ

高校生へのメッセージ

「精神看護は、精神科に限らずどの領域においても必要とされる看護です。薬や道具を使わずに、看護者自身の存在がケアの意味を持つという、看護の醍醐味を味わえる分野です。ぜひ、札医で精神看護を学び、看護のやりがいを実感してください。」

 

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 家族を自死で亡くした遺族へのナラティヴ・アプローチに関する研究
    身内が自死で亡くなると、残された人は自分を責めたり、肩身の狭い思いをしたりといった複雑な感情を体験します。そういった複雑な感情をそのまま受けとめたり整理したりすることが必要とされますが、そういった喪の作業をすすめる研究をしています。精神看護学
  2. 精神障害を抱える人の子育て支援に関する研究
    精神障害を抱えながら子育てしている人が治療を受けながら、親子ともに健やかに過ごせるように妊娠・出産・子育てを支援できる研究に取り組んでいます。看護のケアガイドやメンタルクリニックでの支援プログラムの開発、地域活動づくりなどに取り組んでいます。
  3. 子どもと親のメンタルヘルス支援
    子育ては楽しいけれど苦労もあります。オーストラリアで開発された前向き子育てプログラムを小児看護領域と協働で開催し、親御さんのストレスの軽減と子どもの健やかな成長を応援する研究を行っています。
    精神看護学
  4. 精神疾患をもつ人の子どもを含めた家族支援についての研究
    医療現場において見落とされがちな、精神疾患をもつ人と暮らすお子様たちも家族の一人として支えていくための研究に取り組んでいます。
  5. 自傷や自殺未遂を繰り返す人に対する自殺予防についての研究
    心の葛藤や生きづらさを自傷で対処し続けていると、やがて自殺未遂に発展し自殺のリスクが高まるといわれています。自殺予防の観点から、自傷での対処を続ける人、自殺未遂を繰り返す人に対する看護についての研究に取り組んでいます。