看護学科

公衆衛生学

領域紹介 -公衆衛生学とは

 公衆衛生学領域では疫学(疫学1・疫学2)、統計学(保健統計学2)、公衆衛生学(環境保健学)の科目を担当しています。公衆衛生学は集団の健康推進とそのための情報収集、分析の理論と実践を学ぶ学問領域です。科目の多くは2年次に開講されますが、3年次の看護学セミナー、4年次の看護研究、さらには臨床でのEBP(Evidence Based Practice)につながる知識と実践能力を養います。

教員紹介教員一覧

准教授 山本 武志

高校生へのメッセージ

「大学は、自分の専門分野について深く学ぶだけではなく、4年間を自由にすごすことができる場でもあります。様々な体験ができるように皆さんのお手伝いをします。」

 

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 大学生の学び、教育評価、医療人材の育成に関する研究
    大学教育におけるIPE(多職種連携教育)や地域医療教育、アクティブ・ラーニングの教育技法が学生の学び・成長に与える影響を分析し、教育内容・教育方法のあり方を検討しています。
  2. 保健医療福祉資源の地理的配分と受療行動の研究
    保健医療福祉資源の地理的分布の公平性とそれが市民・患者の受療行動に与える影響について研究しています。
  3. 地域で生活する高齢者のQOLに関する研究
    地域で生活する高齢者に対するインタビュー調査を通じて、高齢者のサクセスフルエイジングや地域における保健医療福祉政策のありかたについて探求しています。