看護学科

母性看護学

領域紹介 -母性看護学とは

 母性看護学領域は、赤ちゃんがお腹にいるときから女性の一生の健康を性(生命)の観点から支援する学問領域です。主に、妊娠・出産というダイナミックに変化する期間に焦点をあて、生命の誕生を見守り母と子および家族中心の看護実践について学びます。また、将来、助産師課程の進学を考えている方、興味のある方は、いつでも本領域の教員を訪ねて下さい。本学助産学専攻科の授業訪問や助産学生との交流なども積極的に行っています。

母性看護学

教員紹介教員一覧

教授 正岡 経子

高校生へのメッセージ

「母と子の心と体のつながりや、出産を通して新しい家族が誕生するエピソードには、感動がたくさん詰まっています。新しい生命を育む看護者の役割について一緒に学びましょう。」

准教授 荒木 奈緒

高校生へのメッセージ

「女性が本来持っている『生む力』と赤ちゃんの持っている『生まれようとする力」を最大限に発揮できるような看護を一緒に学びませんか。」

講師 林 佳子

高校生へのメッセージ

「女性が安心して出産し、いきいきと子育てをしていく上で看護師・助産師は大きな役割を担っています。母と子、その家族を支える看護実践をするやりがいと喜びを感じてみませんか。」

講師 荻田 珠江

高校生へのメッセージ

「女性の生涯をとおした心身の変化はダイナミックで、その変化への適応は、家族を巻き込み一大事となります。女性とその家族に寄り添い、支える、この母性看護を一緒に学んでいきましょう。」

助教 久野 芳佳

高校生へのメッセージ

「女性の良きライフサポーターとして重要な役割を担い、またその経験が自らの人生にも役立つことが多く、出産・育児だけではなく、幅広く活躍できる場があります。」

助教 相馬 深輝

高校生へのメッセージ

「看護職を志す皆さんの気持ちを応援し、妊娠・分娩・育児を中心とした母子とその家族の看護について一緒に学び続けたいと思っています。」

 

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 助産師の実践能力向上にむけた人材育成に関する研究
    助産ケアの質向上のためには後輩助産師の育成は必要不可欠です。ケア経験からの学びを育むための教育プログラムを作成し、助産現場の効果的な人材育成を支援する研究に取り組んでいます。
  2. 胎児異常を診断された女性の妊娠期の助産ケアに関する研究
    妊娠中に胎児の病気がわかったとしても「産んで良かった」と母親がわが子を迎えられるような支援を研究しています。
  3. 分娩時に出産施設まで長距離移動を要する妊産婦の安全確保に関する研究
    住んでいる地域に出産施設がない妊産婦は、分娩開始後に施設まで長距離移動を要することになります。長距離移動を要する妊産婦を対象とした出産準備教育プログラムを開発することで、出産時の安全確保につなげるための研究に取り組んでいます。
  4. 病院・診療所で出産した女性の出産体験の満足に関する研究
    女性が自身の出産に満足することは、その後の母親の精神面の健康や育児に対しても好影響を与えます。出産施設や出産方法を問わず、女性が「出産の満足」を感じられるような妊産婦へのケアについて研究しています。
  5. 妊娠期からの母子愛着形成に関する研究
    妊婦が心身の健康を維持し、胎児の健康や成長を願い、愛おしいという思いを順調に育むための支援を研究しています。
  6. 育児中の母親への支援
    子育てに奮闘する母親の身体・心理を理解し支援を考えるため、学生と子育て中の母親とのコミュニケーションの場を設けています。参加した母親は子育ての楽しみを再確認し、学生は母子看護への理解を深めることができ、双方にとってこの体験は貴重なものになっています。
  7. 性教育に関する研究と実践
    第2次性徴が始まる思春期は男女とも子どもをもつ身体の準備が整う重要な時期です。心身ともに大人になっていく高校生へ、性と生命の大切さを伝える健康教育を行っています。