看護学科

老年看護学

領域紹介 -老年看護学とは

 老年看護領域では、高齢者の価値観や信念を尊重し、その人らしい自立した生活を支援するために必要な看護を実践する能力を養います。学部では、高齢者疑似体験、文学作品、映像などをとおして高齢者を身近に感じてもらう授業から開始し、健康度の高い高齢者とのコミュニケ-ション実習、病気や障害をもつ高齢者への援助と段階的に学んでいきます。加えて、高齢者の生活を支える各種施設や関係職種の活動に触れるなかで看護の役割について考えます。

  1. 技術演習
    片麻痺などの障害をもつ高齢者への安全・安楽な移動・排泄・清潔の技術を習得します。
    写真は、ベッド臥床から車いすへの移乗援助を練習している場面です。
    老年看護学
  2. 高齢者疑似体験演習
    高齢者疑似体験セットを装着して様々な日常生活動作を行います。この体験を通して、高齢者の加齢による身体的変化や心理的影響についての理解を深めます。
    老年看護学

教員紹介教員一覧

教授 長谷川 真澄

高校生へのメッセージ

「ひとは皆かならず老い、やがて死を迎えます。老年看護は、どのような健康状態にあっても自分らしく生ききることを支える看護をめざします。人生の完成期にある高齢者へのケアに携わることは、さまざまな先覚の教えに接し看護者としての人間性を磨く機会にもなります。高齢者の方とともに成長する看護を札幌医科大学で一緒に学びませんか?」

講師 木島 輝美

高校生へのメッセージ

「看護の対象の多くは65歳以上の高齢者です。そして、高齢者はこれまで社会を支えてきてくれた人生の大先輩でもあります。長い人生で培ってきた高齢者の英知を一緒に学びましょう!」

講師 鳥谷 めぐみ

高校生へのメッセージ

「老年看護は高齢者の生きてきた社会背景や様々な価値観に触れることのできる分野です。高齢者へのケアを通して、自分自身の発見、成長、希望など多くのことを一緒に体験して感じましょう。」

 

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. せん妄ケア研修会
     急性期病院の看護師を対象に、せん妄に関するケア・スキルの向上と、せん妄ケアにおいてリーダーシップを発揮するための研修会を開催しています。
    札幌医科大学附属病院 看護キャリア支援センター ホームページ
  2. せん妄ケアの質評価指標の開発に関する研究
     急性期病院に入院する高齢患者のせん妄対策に関するガイドラインや多職種チームによる支援活動が進んできましたが、せん妄対策のケアの質を評価する指標の開発が遅れています。せん妄ケアは複雑で、対象者一人ひとりに合わせた対応が求められます。看護師の実践知を評価指標に盛り込めるようナラティブ研究手法を取り入れながら取り組んでいます。
  3. 急性期病院に入院する認知症高齢者への看護に関する研究
     認知症高齢者が何らかの身体疾患により急性期病院に入院した場合、環境の変化や検査・治療による苦痛により混乱してしまうことがあります。そこで、認知症高齢者が尊厳を保ちながら安心して入院生活を送るための看護について研究しています。
  4. 軽症脳卒中患者の再発予防に関する研究
     脳卒中で亡くなる方は減っていますが、病気になる方は増えています。脳卒中は高齢者に多く、繰り返すことも少なくありません。脳卒中の再発を予防することは要介護の予防にもつながります。再発を予防するためには日常生活全般の見直しをする必要があります。長期にわたって実施できる効果的な支援方法を検討しています。