看護学科

成人看護学

領域紹介 -成人看護学とは

 成人看護学は成人期の対象および家族の発達課題を理解して、健康課題に対する基本的な援助方法について学習します。また、対象の個別性を踏まえた良質な看護実践について探求できる力、成人を取り巻く社会状況に関して問題意識をもち看護職としての役割を考察できる力を育成します。

教員紹介教員一覧

教授 城丸 瑞恵

高校生へのメッセージ

「札幌医科大学は、北海道に住む人々の健康を守るために必要な知識・技術・感性を得るためのカリキュラムで構成されています。アットホームな学習環境は、みなさんの「やる気」を引き出し、きっと4年間の成長を実感できると思います。」

講師 仲田 みぎわ

高校生へのメッセージ

「看護は、看護の対象者の生活や大切にしたい生き方に向けてケアする職業だと思います。勉強だけではなく、色々な経験をして、たくさんの感動や喜怒哀楽を感じて、皆さん自身が生き生きとした生活を送られますように。入学後にお会いできることを楽しみにしています。」

講師 澄川 真珠子

高校生へのメッセージ

「看護を実践するには、その対象者を理解していく豊かな人間性が必要です。札幌医科大学で学ぶことであなたの感性を一緒に磨いていきませんか?私の担当する慢性期看護では、対象となる患者さんが、疾患と折り合いをつけながら、日常生活の中に自己管理を組み入れるにはどうすればよいかということを一緒に考えて行きます。また現在、看護は、科学的な根拠に基づいたケアを実践することが求められています。artと scienceを融合させた、より質の高い看護について、皆さんと一緒に追及していきましょう!!」

助教 牧野 夏子

高校生へのメッセージ

「看護を実践する現場は複雑であり、確実な知識と技術の提供が求められます。時に悩み、時に苦しむ場面もあるかもしれません。札幌医科大学では、専門職である看護師を育てるために、人間に対する深い洞察力や倫理的感性、問題解決能力を養う教育環境が整っています。皆さんと共に札幌医科大学で一緒に学習できる日を楽しみにしています。」

助教 大塚 知子

高校生へのメッセージ

「急性期看護の中でも特に手術を受けるがん患者さんへの看護を担当しています。今では2人に1人は、がんに罹患するといわれています。がん患者さんと向き合い、患者さんに合った看護を提供するために何が必要なのか、一緒に考え、学びましょう。」

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 北海道の救急看護師に対するキャリア支援
    北海道の救命救急センターに勤務する看護師の方々に対してセミナーを開催し、看護師のキャリア支援を行っています。また、道北圏の病院とともに看護師が抱える困難とその解決に向けて介入研究を行っています。成人看護学
  2. 自宅で生活するがん患者さんに対する支援
    2ヶ月に1回乳がん、婦人科がんの患者さんが集まり、リンパ浮腫や食事に関する学習会・ヨガなどを行い会員さん相互の交流の場を応援しています。また「書くこと」を通してどのような気持ちの変化が生じるのか研究をしています。また「書くこと」を通してどのような気持ちの変化が生じるのかの研究、手術をした乳がん患者への退院時支援に関する研究を行っています。
    成人看護学
  3. 糖尿病患者に対する療養支援
    糖尿病患者さんに対して、食事・運動療法、インスリン自己注射の支援に加えて附属病院の看護専門外来においてフットケア支援を行っています。また、臨床看護師を対象にフットケアや口腔ケアについて技術指導などを行うセミナーを開催しています。