現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 大学概要
  3. 札幌医科大学教育ポリシー

大学概要

札幌医科大学教育ポリシー

医学部

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

(前文)
 札幌医科大学は、北海道立女子医学専門学校を前身に、昭和25 年(1950)に医学部医学科の単科大学として開学しました。また、昭和58 年(1983)に開学した札幌医科大学衛生短期大学部を、平成5年(1993)に看護学科、理学療法学科及び作業療法学科を擁する保健医療学部に発展的に改組し、北海道立の医系総合大学となりました。
 平成19 年(2007)からは、北海道が設立した公立大学法人として、北海道の地域医療に貢献する医療人(医師、看護師・保健師、理学療法士、作業療法士)を育成するという北海道民の強い要請に応えています。建学時からのスピリットである「進取の精神と自由闊達な気風」が、医学医療の攻究と地域医療貢献を実現する礎となっています。
 北海道民の健康と医療を守り、豊かな人間性を持つ医療人を育てるとともに、国際的・先端的研究を進めるために、札幌医科大学は、学士課程の教育を受けるにふさわしい基礎学力・医学医療を学ぶ意欲・地域社会と人への関心・コミュニケーション能力・思考の柔軟性と論理性・積極的な行動力を備えた学生を受け入れます。

 医学部は、北海道民の健康と医療を守り、地域に貢献できる医師及び国際的・先端的研究を通じて世界に貢献できる研究医を育てます。そのため、次のような資質を有する学生を求めます。

1. 命を尊ぶ心を持ち、病める人を救う情熱のある人
2. 周りの人への思いやりと奉仕の心、倫理観を持っている人
3. 良心と社会規範に従い、良識ある行動ができる人
4. 医師・研究医となるにふさわしいコミュニケーション能力、協調性及び想像力を持っている人
5. 地域社会への興味・関心を持ち、北海道に貢献する意志を持つ人
6. 国際的視野で考え行動し、科学的探究心と想像力を持って学習に取り組める人

 入学までに身につけておいてほしいこと

1. 高等学校で学ぶ諸教科に関する高い基礎学力
1)医学を学習するための基礎学力
  生命科学としての医学を学習するに当たって、生物、化学、物理及び数学の基礎学力は必須です。
 さらに、医療と医学研究の場では、人との交流が基盤となります。それを支えるコミュニケーション能力を発揮するために、論理的に思考し、相手に伝えることのできる正確な日本語と国際的視野で考え行動するための英語の学力が重要です。
2)人類の文化や自然、社会に関する幅広い基礎知識
 医学研究と医療の実践には、人文社会科学の視点から健康・疾病を理解することも必要です。
 そのために、自然科学のほか、人文社会科学など幅広い領域に関する基礎知識が不可欠です。
2. 自ら課題を探求し、問題を解決する学習習慣
 医師には生涯にわたる自己研鑽が求められます。自ら課題を抽出し、問題点・疑問点を解決していく積極的な学習姿勢が必要です。
3. 自主的、協調的な態度と行動
 チーム医療なしには医療は実践できません。医師は、医療チームの一員として、他者と連携・協調して行動することが求められます。
4. 健康な生活を送るための基本的生活習慣
 人々の健康を守り、病に立ち向かう医師となるための精神力と体力が必要です。まず、自分の健康に心がけ、基本的生活習慣を身につけていることが不可欠です。


ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 医学部では、所定の単位を修得し、以下の要件を修得した学生に学位を授与します。

1. 倫理観・社会的責任、プロフェッショナリズムに関する内容(態度)
 高い倫理観・責任感を備え、医療者として強い使命感をもって、患者の立場になって行動するとともに、研究マインドをもって医学の進歩に貢献できるようになる。
2. 地域医療、研究、国際貢献に関する内容(関心・意欲)
 幅広い視野をもって積極的に地域医療を担う意欲を育み、先駆的研究に関心をもって国際的な医学の発展に貢献する。
3. 基本的医学知識と基本的技術、コミュニケーション能力に関する内容(知識・技能)
 基本的な医学知識と技術を習得し、協調性と指導力をもってチーム医療を実践することができる。
4. 問題解決・課題探求能力に関する内容(思考・判断)
 現状に潜む問題点を課題として提起することができ、科学的根拠および適確な方法に基づく論理的思考を通して自ら解決する能力を身につける


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

 前項のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下のカリキュラム・ポリシーを基に教育課程を編成しています。

1. 倫理観・社会的責任、プロフェッショナリズムに関する内容(態度)
・ 多様化する医学・医療の進歩に対応し、社会の要請に答えうる医療人としての人格、人間性の涵養に役する勉学の場を整えます。
・ 他者、弱者の視点を身につけるため、ロールモデルによる演習や一般社会の中での実習を組み込んだ教育機会を整えます。
・ 人文科学の視点からの健康、疾病についての考えや、社会における疾病の複合的な面を理解できるよう教養、基礎医学、臨床医学各科目の連携を重視した教育課程を整えます。
2. 地域医療、研究、国際貢献に関する内容(関心・意欲)
・ 患者と家族を取り巻く社会状況、社会制度、法制度を理解するため、保健医療学部と医学部合同の実習プログラム、地域拠点と連携した臨床実習を編成して、地域医療に貢献できる人材育成の場を整えます。
・ 先駆的研究に高い関心をもつために各種国際交流事業への参加の機会を提供し、自ら貢献する意志と情熱を昂揚させることができるような環境を整えます。
3. 基本的医学知識と基本的技術、コミュニケーション能力に関する内容(知識・技能)
・ 医療行為に必要とされる専門領域での知識、技術を体系的に学習する機会を提供し、獲得した成果を学生が主体的に実践できる場所を整えます。
・ リーダーシップの醸成、医療スタッフとの尊重・共感・協調等を促すための課外活動や社会活動の支援の場を整えます。
4. 問題解決・課題探求能力に関する内容(思考・判断)
・ PBLチュートリアル、基礎医学実習、臨床実習における自己学習、自己評価の重視とその過程、結果を踏まえた適切な指導ができる体制を整えます。
・ 疾病の原因に個人要因以外に社会的な問題も含まれていることを考察し、問題発見・解決型の自己学習ができる環境を整えます。

保健医療学部

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

(前文)
 札幌医科大学は、北海道立女子医学専門学校を前身に、昭和25 年(1950)に医学部医学科の単科大学として開学しました。また、昭和58 年(1983)に開学した札幌医科大学衛生短期大学部を、平成5年(1993)に看護学科、理学療法学科及び作業療法学科を擁する保健医療学部に発展的に改組し、北海道立の医系総合大学となりました。
 平成19 年(2007)からは、北海道が設立した公立大学法人として、北海道の地域医療に貢献する医療人(医師、看護師・保健師、理学療法士、作業療法士)を育成するという北海道民の強い要請に応えています。建学時からのスピリットである「進取の精神と自由闊達な気風」が、医学医療の攻究と地域医療貢献を実現する礎となっています。
 北海道民の健康と医療を守り、豊かな人間性を持つ医療人を育てるとともに、国際的・先端的研究を進めるために、札幌医科大学は、学士課程の教育を受けるにふさわしい基礎学力・医学医療を学ぶ意欲・地域社会と人への関心・コミュニケーション能力・思考の柔軟性と論理性・積極的な行動力を備えた学生を受け入れます。

 保健医療学部は、人々が健康に暮らせる社会の実現をめざして、様々な立場や役割を担う他者との連携・協働のもとに地域の保健・医療・福祉の充実と発展のため、主体的に貢献できる看護師・保健師、理学療法士、作業療法士を育成します。
 そのため、次のような資質を有する学生を求めます。

1. 将来は、看護師・保健師、理学療法士、作業療法士として人々の健康と生活を支える役割を担いたいと考えている人
2. 地域社会への興味・関心を持ち、北海道の保健・医療・福祉に貢献する意志のある人
3. 良心と社会規範にしたがい、良識ある行動ができる人
4. 人々との交流を大切にし、常に温かな配慮をもって他者と接することのできる人
5. 広く社会に目を向け、知的探求心をもって柔軟な発想で物ごとをとらえることのできる人
6. 人々や社会とのかかわりを通して自らの成長を願い、粘り強く物ごとに取り組むことのできる人

 入学までに身につけておいてほしいこと

1. 高等学校で学ぶ諸教科に関する高い基礎学力
1)人類の文化や自然、社会に関する幅広い基礎知識
 保健・医療・福祉は人間を対象に社会の中で営まれる実践です。したがって、文化や自然、社会に関する偏りのない基礎知識が不可欠です。
2)人々との交流を深め、論理的に思考し、表現するための語学力
 保健・医療・福祉の実践は人々との交流を基盤とします。したがって、まず、日本語で読み、書き、聞き、話すコミュニケーション力が重要です。また、それらは論理的に物ごとをとらえ、考える力につながります。高等学校までに学ぶ特定の外国語の基礎能力も身につけておく必要があります。
2. 他者との連携・協働により物ごとに取り組み成し遂げた経験
 保健・医療・福祉の実践はチームで取り組みます。他者と連携・協働して何かに取り組んだ経験は専門的実践を学ぶ上での力となります。
3. 自らの疑問を解決し、知識を深めるための学習習慣
 専門職には生涯にわたる自己研鑽が求められます。疑問を解決するために、また、知識を広げ深めるために、自ら進んで調べ学ぶ習慣を身につけておく必要があります。
4. 健康な生活を送るための基本的生活習慣
 人々の健康と生活を守るためには、まず自分の健康に心がけ、しっかりとした基本的生活習慣を身につけていることが不可欠です。


ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 保健医療学部は、学部の共通方針のもとに各学科が定める所定の単位を修得し、将来の地域医療を担う看護師・保健師、理学療法士、作業療法士に求められる専門性と実践力を兼ね備えた、以下の能力を有する学生に学位を授与します。

1. 建学の精神を実現するための基盤となる能力
・ 人権・人格・個性を尊重する能力
・ 自然や社会の様々な現象を多角的にとらえ、論理的に思考する能力
・ 国際的視野に立ち社会的な諸課題を見つめ、主体的に物ごとに参画する能力
・ 私たちが暮らす社会の保健・医療・福祉の改善を志向し、行動する能力
2. 保健・医療・福祉の実践を担う専門職としての能力
・ 看護師・保健師・理学療法士・作業療法士それぞれの専門領域に求められる体系的な知識と技術
・ 対人関係を築き、発展させるためのコミュニケーション能力
・ 専門領域における課題を明確化し、科学的な思考に基づいて問題解決する能力
・ 保健・医療・福祉にかかわる様々な人々と連携・協働する能力


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

 保健医療学部では、ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を有する人材を育成するために、以下のように教育課程を編成し、実施します。

1. 教育課程は、「一般教育科目」と「専門教育科目」で編成する。
1) 一般教育科目は、「生物学的理解」「心理・行動・思考」「社会と文化」「生活と情報」「コミュニケーション」で構成し、人類が培ってきた人間・自然・社会に関する文化や知見を広く学ぶとともに、日本語と外国語、手話・点字などを用いたコミュニケーション能力を高めるための科目を配置する。
2)専門教育科目は、「専門基礎科目」「専門科目」「統合学習」「臨地実習/臨床実習」で構成する。
・ 「専門基礎科目」では、保健・医療・福祉の対象である人間を統合的に理解し、それぞれの専門領域を支える基礎知識を学習する。
・ 「専門科目」では、看護学・理学療法学・作業療法学の体系に即した特色ある科目で編成し、それぞれの学問領域の知識と技術を系統的・段階的に学習する。
・ 「統合学習」には、専門領域の研究に取り組むための基礎的な知識を修得し、研究過程を体験する科目、専門職としての基本的態度やチーム連携を学ぶ3学科及び医学部との合同科目を配置する。本学部の特徴である保健医療総論1~4では、3学科の学生で混成グループを編成し、医療専門職に共通に求められる基本的な態度と、それぞれの専門性を段階的に修得する。
・ 「臨地実習/臨床実習」では、対象者・関係職種の人々との直接的なかかわりを通して、専門職に必要な知識・技術・態度を実践的に学ぶ。附属病院、その他学外の保健医療福祉施設を学習の場とし、看護師・保健師、理学療法士、作業療法士の専門性に基づく実習体験を通して、各職種に求められる実践力を涵養する。
2. 将来の専門職としてのモチベーションを高めるため、入学後早期より看護学・理学療法学・作業療法学にかかわる科目を開講し、年次進行に即して段階的に専門性を深めていく漸進的な教育課程編成とする。
3. 教育課程を構成する諸科目は、教育内容の特性に応じて「講義」「演習」「実験・実習」の形態で展開する。保健・医療・福祉に直接携わる看護師・保健師、理学療法士、作業療法士を育成する本学部の特徴として、実体験に基づき知識・技術・態度を統合的に修得する専門的な演習・実習に重点を置く科目を多く配置する。
4. 少人数でのグループ学習やフィールド活動等の能動的学習を多く採り入れ、小規模学科の特徴を活かした少人数制教育を重視し、学生の個別性を踏まえた指導を実施する。授業に際しては、事前の準備と事後の展開を含む質・量の伴う学習過程を必須とし、自発的・継続的に学ぶ姿勢を養う。

大学院医学研究科

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 医学研究科は、将来、医学研究者となるべき人として、次のような資質を持った人を求めます。

1. 知的好奇心、科学的探究心、創造性に富む人
2. 高度な知識・技術の修得に励み、さらに応用・発展に意欲を持つ人
3. 高い倫理観を備え、医学の分野で活躍する意思を持つ人
4. 国際的な視野を持ち、社会や科学の問題にあたる気概のある人


ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 医学研究科では、所定の単位を修得後、論文審査に合格し、次に掲げる事項を修得したと認められる
者に、学位を授与します。

1. 独創性が高い医学研究を立案、遂行できる技術と知識
2. 先端医学研究を指導できるリーダーシップ
3. 医学研究者にふさわしい倫理観
4. 自らの研究成果を世界に発信できる能力


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

 医学研究科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、以下のカリキュラム・ポリシーを基に教育課程を編成し、実施します。

1. 医学研究遂行のための技術と知識の修得
2. 個別指導による問題解決能力とリーダーシップの醸成
3. 多彩な講義と研究遂行を通しての倫理観の涵養
4. 国際的研究への参加および成果の国際的発信

大学院保健医療学研究科

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 保健医療学研究科では、看護学・理学療法学・作業療法学の発展と、保健・医療・福祉の質の向上に
寄与する高度な専門的知識、実践能力、研究能力を備えた実践者、研究者の育成を目指しています。そ
のため、以下のような人材を求めます。

 【博士課程前期】
1. 健・医療・福祉の諸課題に深い関心を持ち、その発展と問題解決に関わることを自己の目標と
   している人
2. 看護学・理学療法学・作業療法学に関する専門的な知識と技術を備え、批判的・論理的思考力を
  有している人
3. 多様化・複雑化する人々のニーズに応えるため、専門分野における卓越した実践能力を獲得した
  いと願っている人
4. 豊かな人間性と倫理性を有し、地域の保健・医療福祉に貢献する意思のある人
5. 研究成果を発信することにより、保健・医療・福祉の充実と発展に貢献する意思のある人

 【博士課程後期】
1. 保健・医療・福祉の諸課題に広く深い関心を持ち、その発展と問題解決に関わることを自己の目標
  としている人
2. 看護学・理学療法学・作業療法学に関する専門的な学識、批判的・論理的思考力と科学的探求心を
   備え、新たな知の創造に意欲を有する人
3. 豊かな人間性と倫理性を有し、国際的な視座で人々の健康に貢献する意思のある人
4. 研究成果を国内外に広く発信することにより、保健・医療・福祉の発展に貢献するとともに、科学の
   発展に寄与したいと願う人
 
 

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

【博士課程前期】
 保健医療学研究科博士課程前期は、2 年以上在籍し、30 単位以上(専門看護師コースにおいては42単位以上)を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で修士論文又は課題研究論文の審査及び最終試験に合格し、次に掲げる能力を有すると認められる者に修士の学位を授与します。

1.  自己の専門分野に関する専門的知識と関連領域に係わる基礎的素養
2.  研究の概念、研究法、研究倫理など、研究者に求められる基本的な知識の修得
3.  研究課題を設定し、研究方法を構造化する能力
4.  基本的な研究手法を用いて研究を遂行する能力
5.  研究者に求められる批判力・論理的思考力・表現力

 専門看護師コースにおいては、次に掲げる能力を有すると認められる者に修士の学位を授与します。

1.  自己の専門分野に関する専門的知識と技術、及び高度実践看護師として実践・教育・倫理調整等を行うための
  基礎的素養
2.  研究の概念、研究法、研究倫理など、研究者に求められる基本的な知識の修得
3.  研究から得られた知見を実践に適用・応用する能力
4.  高度実践看護師に求められる批判力・論理的思考力・表現力

【博士課程後期】
 保健医療学研究科博士課程後期は、3 年以上在籍し、10 単位以上を修得し、かつ博士論文の審査及び最終試験に合格し、次に掲げる能力を有すると認められる者に博士の学位を授与します。

1.  専門分野における深い学識と関連領域に係る学際的知識の修得
2.  独創的な視点で研究を立案・計画し、厳格な倫理性をもって自ら遂行する能力
3.  理論構築や技術開発において新たな知を創造する能力
4.  研究成果を国際的に発信し、教育・研究・実践において発展的に応用する能力

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

【博士課程前期】

 保健医療学研究科博士課程前期では、学位授与方針に掲げる能力を有する人材を育成するため、以下の方針で教育課程を編成・実施します。

1.  教育課程は、講義・演習中心のコースワークと、指導のもとに研究過程を展開するリサーチワークの組み合わ
  せにより編成する。
 1)コースワーク
  (1)  当該分野の専門的知識・技術に加えて、関連領域の幅広い知識を修得する。
  (2)  研究の概念、質的・量的研究法や研究倫理等、研究者に求められる基本的な知識を修得する。
  (3)  文献検討やプレゼンテーション、ディスカッション等を通して、批判力、論理的思考力、表現力を涵養す
    る。
  (4)  専門看護師コースにおいては、高度実践看護師に求められる実践・教育・倫理調整等に関る知識と技術を
    修得する。
  (5)  専門看護師コースにおいては、専門分野の臨地実習によって優れた実践能力を形成する。
 
 2)リサーチワーク
  (1)  特別研究等において、当該分野に関する研究テーマを設定し、研究指導のもとに研究計画書を作成する。
  (2)  研究計画書審査・倫理審査を経て研究を進め、論文作成、学位審査等の過程を通して、基本的な研究力を
    形成する。

2.  学部学生を対象とする講義・演習・実習にティーチングアシスタントとして参加する機会を設定し、基本的な
  教育力を育成する。

3.  共通科目の履修を通して他分野の学生との共同学習を行い、他職種との連携能力を涵養する。

【博士課程後期】

 保健医療学研究科博士課程後期では、学位授与方針に掲げた能力を有する人材を育成するため、以下の方針で教育課程を編成・実施します。

1.  教育課程は、理論構築や技術開発等に係わるコースワークと、指導を受けつつ自らが研究過程を展開するリ
  サーチワークにより、研究者としての能力を高める。

2.  リサーチアシスタントとして学術研究に係わる機会を設定することで研究の手法やデザインを学び、自立した
  研究者となるためのトレーニングを行う。

3.  研究課題に係わる論文公表や国内外での学会発表等により当該分野の研究者との交流を深める。

助産学専攻科

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 助産学専攻科は、助産に関する高度な知識と優れた技術を教授し、その基盤となる助産学を探究する
とともに、創造性に富み人間性豊かな助産師の育成を行い、北海道の母子保健の発展と充実に貢献する
ことを目的としています。そのため、次のような資質を有する学生を求めます。

1.  人間の尊厳と生命の尊重を基盤に、生と死に真摯に向き合い、寄り添うことのできる人
2.  社会を構成する全ての人々に敬意を払い、人と人との相互関係を大切にすることのできる人
3.  看護学に関する知識・技術の基礎・基本を高いレベルで備え、助産学を主体的に学び追求する姿勢を有してい
  る人
4.  北海道の母子保健に深い興味・関心を持ち、自らの助産実践を通して諸課題を解決したいと考えている人
5.  異なる文化や価値観を尊重し、広い視野をもって物事を見つめ、社会への貢献を通して自らも成長しようと願
  う人

入学までに身につけておいてほしいこと

1.  助産学に関連の深い母性看護学、小児看護学に係わる知識の習得
2.  基本的な看護技術を提供する能力
3.  対象となる人々、看護・医療チームを構成する人々と対人関係を築く能力
4.  論理的な思考に基づき対象者の看護過程を展開する能力
5.  自らの課題を明確化し、実践力を高めるために努力する姿勢


ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 助産学専攻科は、修了要件の32単位を修得し、地域の母子保健を担う助産師に求められる専門性と実践力を兼ね備えた、以下の能力を有する学生に修了証書を授与します。

1.  助産実践の対象となる全ての女性、とりわけ妊娠・出産・産褥の過程における女性や家族と信頼関係を築き、
  発展させる能力
2.  妊娠・出産・産褥の過程において正常経過の判断と異常を早期に発見するための助産学及び関連分野の知識・
  技術を実践に活用する能力
3.  妊娠・出産・産褥の過程において正常経過をたどる女性と子ども、家族の状況に即した基本的な助産ケアを的
  確に実施できる能力
4.  妊娠・出産・産褥においてハイリスクな状態にある女性や子どもの経過判断を的確に行い、必要なケアを実施
  する能力
5.  助産実践の充実と発展のために助産師チームの連帯性を高めるとともに、保健医療チームにおいて他の関係者
  と連携・協働する能力
6.  地域の母子保健・周産期医療を取り巻く諸課題に向き合い、それらの充実と発展を志向し、行動する能力
7.  助産師としてのプロフェショナリズムを高め、研鑽し続ける能力


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

 助産学専攻科は、修了証書授与方針に掲げた能力を有する人材を育成するために、以下のように教育課程を編成し、実施します。

1.  教育課程は、「助産学の基礎領域」「助産学の実践領域」「助産学の関連領域」で編成する。
 1) 助産学の基礎領域では、助産の目的・対象、助産実践の基盤となる周産期医学や胎児・新生児学の知識に加
  え、性と生殖に係わる健康支援者としての役割、専門職としての責務と倫理を学習する。
 2) 助産学の実践領域では、さまざまな健康レベルにある妊産褥婦と新生児に対するアセスメント、出産に向け
  た身体的準備性と回復力を高める助産ケアの基本、多様な施設における助産管理の実際を学ぶ。実習では、自ら 
  の助産活動を通して知識と技術を統合し、実践能力を高める。
 3) 助産学の関連領域では、子育て中の女性と家族に対する支援、地域における母子保健の課題を解決するため
  の助産師の役割について学ぶ。加えて、最新の知見をもとに助産実践に対する洞察を深め、効果的なケアを創造
  する能力を養う。

2.  助産学、及び助産実践に必要な知識と技術の習得レベルを高めるため、事前準備と事後展開を含む質・量の伴
  う学修課程を必須とする。
3.  少人数グループでの能動的学習を多く採り入れるとともに、個別指導による学習支援を充実させ、学生個々が
  高水準の知識・技術を修得できる教育環境のもとにカリキュラムを展開する。