看護学科

基礎看護学

領域紹介 -基礎看護学とは

 基礎看護学領域の科目は1・2年次に開講されます。基礎看護学では、看護の基本を学びます。看護とは何かということを看護の対象である人間、健康、環境との関連から考えてみます。また、日常生活の援助や一部の診療の補助に関わる基本的な看護技術について、講義と演習および実習を通して学びます。看護の基本をしっかりと学ぶことで看護者としての基盤を培うことにつながります。

教員紹介教員一覧

教授 大日向 輝美

高校生へのメッセージ

「人の命と健康をあずかる看護職の責任は重大です。そのため4年間の学生生活で身につけなければならない知識と技術は膨大です。また、自分で問いを発見し、問いに対する解答を自ら導くことが求められ、進んで物事に取り組む姿勢が重視されます。看護を追求していく過程は必ずしも楽しいことばかりではありません。でも、だからこそやり甲斐の感じられる素晴らしい仕事であることを、皆さん伝えていきたいと思います。」

教授 堀口 雅美

高校生へのメッセージ

「大学で看護を学ぶことはさまざまな人や書物、そして自分自身と出会い、同時に社会にどう貢献できるのかを模索するときでもあると思います。看護の楽しさ、奥深さを一緒に学んでいきましょう。」

准教授 佐藤 公美子

高校生へのメッセージ

「私は‘看護の歴史’に興味があります。今日に至る看護職の足跡を辿ることで知り得る看護の知恵を皆さんに紹介し、そして現代的な視点で考え看護学を発展させたいと思っています。一緒に、看護への志を高く持ち札医大で学んでいきましょう。」

講師 首藤 英里香

高校生へのメッセージ

「皆さんは『人』と接することは好きですか?すぐに打ち解けられる人、また人見知りしてしまい苦手と感じる人もいるのではないでしょうか。看護は人間の健康生活に関わる職業であり、臨床の現場では多くの人との出会いがあります。そこでは、人と接することが得意であるとか苦手であるということより、まず『好き』であることが大切です。人と接することが好きな皆さん、札医大で看護について学びませんか。少人数でアットホームな札医大で、仲間と一緒に沢山のことを学び、自分の可能性に向かってチャレンジしてみませんか。」

助手 中村 円

高校生へのメッセージ

「『看護』には正解はありません。皆さん1人1人の感性で、自分なりの答えを見つけ出していく過程において看護のやりがいや素晴らしさ、感動を味わうことができます。札幌医科大学で一緒に看護について学びましょう。」

助手 飯澤 良祐

高校生へのメッセージ

「看護は様々な人との出会いを通して、そのなかで対象者と寄り添いながら、自分自身も大きく成長していくことができる職業です。責任は大きいですが、やりがいのある素敵な仕事です。札幌医科大学で、思い描く将来の自分になるための第一歩を踏み出してみませんか。」

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 看護倫理教育に関する研究
    看護倫理は看護専門職の基盤となる能力です。しかし、個人の内面に関わるものである、教育方法を検討する難しさがあります。専門職に求められる看護倫理の効果的な学習のため、教育学理論に基づく教育方法研究を行っています。
  2. 看護技術の習得過程における教育方法研究
    看護を実践していくためには知識に基づいた的確な技術を習得しなければなりません。その技術について学生がより効果的に学習できるよう教育方法の検討を行っています。
  3. 食行動とストレスに関する研究
    若い時の健康状態は本人のその後の人生のみならず、次の世代の健康にもつながっていきます。健康の保持・増進という点において、食べることは重要な生活行動です。ここでは食行動とストレスの関係について研究をしています。
  4. 看護教育・看護管理に関する歴史的研究
    看護の歴史は職業的アイデンティティの確立には不可欠な要素ですが、日本での歴史的研究は諸外国に比べて大変少ない現状です。私たちは「看護教育」や「看護管理」に関して、近代から現代へ、またイギリス・アメリカ、そして日本へと研究の視野を持ち、その成立・発展過程を追究しています。
  5. 病院環境における臭気の包括的評価に関する研究
    病院内および患者の居室内の環境の整備は看護者の役割の一つです。病院内で不快と感じる臭気の実態解明と対策を提案するために、基礎的な研究に取り組んでいます。この研究成果は患者の療養環境の充実と、同じ環境下で働く看護者の労働環境の改善へと繋がることも期待できます。