学科長あいさつ

理学療法学科長 片寄正樹

 本学科は札幌医科大学衛生短期大学部を前身とし、我が国では2番目、道内では最初の理学療法学の4年制大学として平成5年にスタートしました。 高度な卒後キャリア形成を推進するための大学院や附属病院における卒後臨床研修環境も整備し、理学療法学の教育、臨床、研究をシームレスに連携させた先端的な取り組みを進めていることも大きな特徴です。

 これらの特徴を活かし、先進的な理学療法の応用可能性に触れながら自己研鑽と能動的学習の重要性を感受できる学生主体の少人数による問題解決型教育を実践するとともに、理学療法の対象となる方の心情や状況を理解できる感性をもった全人的臨床実践力も育み、着実な臨床実践能力と豊かな人間力をもった人材育成に努めています。

 今、理学療法は生活の質(Quality of Life)を重視する医療に大きく貢献する一方で、その応用範囲は拡大の一途をたどっています。我が国が世界で最初に経験する超高齢化社会への対応、そして健康でアクティブな生活を阻害する疾病・外傷の予防などはその具体例としてあげられるでしょう。大きな発展可能性をもつ理学療法を、一緒に追求していきませんか。

 

教育理念

 理学療法学科は、札幌医科大学の建学の精神・理念、保健医療学部の教育理念・目標を実現するため、創造性に富み人間性豊かで高い倫理観をもち、北海道、広く日本社会、さらに世界の保健医療に貢献できる実践能力を備えた理学療法士の育成を目的とする。

 

教育目標

 

卒業生の有する特性

(1)建学の精神を実現する人間的な能力

(2)理学療法士としての能力