理学療法学科

内部障害理学療法学

領域紹介 -内部障害理学療法学とは

 内部障害とは、心臓、呼吸、腎臓など身体内部の臓器の障害、つまり呼吸循環代謝系の障害を指します。内部障害理学療法は、生活習慣病の予防を含めて、心不全や慢性呼吸器疾患、糖尿病などの患者さんが対象となります。内部障害理学療法学では、呼吸循環代謝系の障害についての医学的知識や治療技術を学びます。また、講義や演習、実習を通して運動生理学的なメカニズムについての基礎的な理解を深め、具体的にどのような人に対して、どのような運動療法や物理療法を行うべきかを考えます。近年では、これらの知識や技術を基盤として、アスリートの呼吸循環系の運動能力向上を目指すなど、内部障害理学療法学の活躍の場は広がりつつあります。

教員紹介教員一覧

教授 片寄 正樹

高校生へのメッセージ

「運動処方という言葉があります。安全に効果的に運動指導を遂行するという思いが込められています。内部障害理学療法では心筋梗塞などの循環器疾患や慢性呼吸器疾患、糖尿病、そしてがんの患者さんに対する、目的に応じた適切な運動指導について学びます。しっかりと運動処方ができる理学療法士になるための学びの場、ここにあります。ぜひ一緒に学びませんか。」

助教 根木 亨

高校生へのメッセージ

「心臓疾患や呼吸器疾患の患者さんの数は、高齢化率の上昇とともに年々増加しており、内部障害に対する理学療法の重要性がますます高まっています。札幌医科大学では、内部障害理学療法学やその基礎となる運動生理学が学べる環境を整備しています。皆さんとともに、これからの内部障害理学療法の発展に貢献していきたいと思います。」

助教 岩本 えりか

高校生へのメッセージ

「運動時に呼吸や循環がどのように調節されているか知ることは、リスク管理をした上で運動療法を行うためにとても大切です。呼吸や循環に障害をもつ患者さんが少しでも楽に運動できる方法や、アスリートの持久力向上など、目的に合わせた正しい運動指導をできるように一緒にがんばりましょう。」

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 内部障害リハビリテーションに対する啓蒙活動
    本学内での心大血管リハビリテーション活動の啓発、および北海道内への内部障害リハビリテーションの学際的分野への貢献として、内部障害リハビリテーションフォーラムを開催しています。
    内部障害理学療法学  内部障害理学療法学
  2. 運動生理学に対する探求
    理学療法で用いる介入が呼吸循環器系にどのような影響を与えるかを、超音波診断装置や呼気ガス分析など最新の研究機器を使用して、学生が運動生理学的な視点で理解を深めることができる教育を行っています。また、運動生理学やスポーツ科学の研究者との公開講座を開催することで、運動生理学やスポーツ科学などの先端的研究が、理学療法の基盤であることの普及を行っています。
    内部障害理学療法学 内部障害理学療法学
  3. 内部障害理学療法学における効果的な教授方法
    運動の種類や時間、強度が、呼吸循環代謝系のメカニズムにどのような影響をもたらすかを考え、個々の病態や原因に対応した安全で効果的な運動処方が実施できるような授業を行っています。
    内部障害理学療法学  内部障害理学療法学
  4. 心大血管疾患に対する運動療法
    本学附属病院において、心大血管疾患に対するリハビリテーションを本学医学部 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座、心臓血管外科学講座、リハビリテーション部、看護部の協力のもと、2008年から提供を開始しています。
    内部障害理学療法学