理学療法学科

運動器障害理学療法学

領域紹介 -運動器障害理学療法学とは

 運動器障害理学療法学分野では、骨や筋・腱といった運動器と呼ばれる部位に障害を持つ対象者に関する理学療法について学びます。学習方法として、運動器障害の評価・診断の理論や治療の理論と注意点についての知識の習得と、疾患に応じた理学療法の具体的手法について演習・実習を通じて理解を深めます。

教員紹介教員一覧

教授 片寄 正樹

高校生へのメッセージ

「身体運動は、運動そのものをイメージしてコントロールする神経系の機能、そのイメージを筋収縮と関節運動で表出する運動器の機能、筋の収縮に必要なエネルギー供給に不可欠な循環器機能、呼吸器機能、栄養代謝機能全てが協調して円滑に働く必要があります。このシステムにおける運動器が障害されることで発生する身体運動への様々問題に対処する手法を学んでいきます。運動器の障害が身体運動にどのように影響をあたえているのか、深く勉強していきます。」

准教授 谷口 圭吾

高校生へのメッセージ

「いきいきとした生活を送るには,身体運動を生み出す運動器の状態を健康に保つことも大切です.何らかの原因で起こった運動器の障害や,その障害予防に対して理学療法の果たす役割は無視できず,応用範囲も拡大の一途を辿っています.多くの可能性を秘めた当学問を一緒に学び,探究しましょう!」

助教 青木 信裕

高校生へのメッセージ

「運動器と呼ばれる骨や筋に痛みや問題を生じることは子どもから高齢者まで、どのような人にも起こりうることです。運動器に障害を有する人に対する効果的な理学療法を確立するために、様々な視点から考えることができる仲間をお待ちしています。」

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 運動器障害リハビリテーションに対する啓蒙活動
    本学内での運動器リハビリテーション活動の啓発、および北海道内への運動器・スポーツ障害理学療法の学際的分野への貢献として、定期的にフォーラムを開催しています。
    運動器障害理学療法学
  2. 機能解剖学,運動学,スポーツ生理学に対する探求
    効果的な運動療法を理解・実践するために、解剖学、運動学、生理学に基づいた講義・演習を実施しています。
    運動器障害理学療法学
  3. 運動器理学療法学における教授法の開発
    学生が運動器理学療法学を基礎から応用まで理解して実践する能力を身につけるため、関連する科目も含めて一連の流れで学習が進行するようなカリキュラムとしています。また、学生自身が運動器理学療法の流れを自ら学習することができるようにするため、積極的にTeam Based Learningを取り入れています。
  4. 整形外科的疾患に対する理学療法の臨床支援
    本学整形外科学講座と連携し、北海道内の関連病院において外来・入院患者に対する理学療法の臨床支援を行っています。
    運動器障害理学療法学

スポーツ理学療法学研究室ホームページ

http://web.sapmed.ac.jp/sptl/SPTL/TOP.html