作業療法学科

高齢期障害作業療法学

領域紹介 -高齢期障害作業療法学とは

 高齢期作業療法学では、高齢者の方々がその人らしい生活を続けられるための援助を考えます。ところで、皆さんは“生活”という言葉を聞き、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?作業療法では、人々が日常的に行っている活動を作業とよび、その視点から生活を考えます。そして、ここには、お食事や入浴などのセルフケア、仕事やボランティアといった生産的な活動、趣味や生きがいなどの余暇活動、休息をもたらす活動などが含まれます。高齢期には、その時期に生じやすい身体や精神の能力、社会的な役割などの変化があり、それがきっかけとなって今まで当たり前に行ってきた日常の活動を続けることが難しくなる人や、この先続けられるかを心配する人がいらっしゃいます。そこで、この領域では、こうした高齢者の方々を対象に、援助が必要な日常の活動は何か、どうすればその活動を行えるようになる、あるいは続けることができるかを考えます。身体能力と精神能力の両面に働きかける、活動を行うための環境を創る、そして比較的単純な動作からより複雑な活動へと難易度を変えながらアプローチするなどの方法を使います。

この領域の学習方法は、「高齢期、高齢者を知る!」ことから始まり、徐々に援助の方法を学習します。学内で行う講義のほかにも、模擬事例を通した評価や援助過程の演習、対象者へ実際に面接をする演習、高齢者施設実習などがあります。

教員紹介教員一覧

各教員名をクリックすると、大学研究者データベースへ移動します。

准教授 坂上 真理

高校生へのメッセージ

「高齢期作業療法に限らず、高齢者援助の内容は社会情勢の変化などに合わせて非常に変わりやすいことも特徴です。援助に必要な基本を学ぶとともに、その時々のトピックを交えることも心がけています。」

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

  1. 虚弱な高齢者のための予防的作業療法の効果
     予防が必要な高齢者の方を対象に、ご自身が望む活動を見つけ、その実現を支援する予防的作業療法プログラムを実施しました。
    高齢期障害作業療法学
  2. 認知症高齢者の作業を理解するための調査
     認知症高齢者の方々が実際に生活している居住環境の中でどのような活動を営んでいるかを理解し、主体的な生活を送っていただくための方法を研究しています。