作業療法学科

基礎・臨床医学

領域紹介 -基礎・臨床医学とは

<生理学・精神医学担当 ~教授 松山清治>

 医療に携わる人は「生命の理(ことわり)」を知る『生理学』と精神の機能や疾患について学ぶ『精神医学』を修めることが必須となります。保健医療学部では『生理学』と『精神医学』は専門基礎科目としてそれぞれ1年次と2年次の必修科目になっています。

 『生理学』は様々な内臓の働きに関する「植物性機能」と脳や神経系の働きに関する「動物性機能」に分けられますが、作業療法学科や理学療法学科ではリハビリテーションに深く関わる「動物性機能」に重きを置いた授業の構成となっています。2年次には『生理学実習』が必修科目になっており、自らの身体の様々な生理機能の測定を実際に体験します。実習には複数の高額な機器が使用され、ハイレベルな実習内容となっています。

 『精神医学』では精神機能と脳機能との関係に加えて、様々な精神疾患の概念、成因、症状、診断、治療について学びます。また精神疾患の医学的問題に加えて、精神障がいを持つ人々を取り巻く社会的問題、精神科医療の歴史や社会制度、精神障がいと臨床心理学の関わり、精神障がい者の社会復帰と精神保健福祉の実際についても学習します。

<小児科学・神経内科担当 ~教授 今井富裕>

 将来、作業療法士として最も多く関わるのは神経系に障害を持つ方達でしょう。その方達の年齢は新生児から老年期にわたります。一口に神経系といっても、意識や認知などの脳の高次機能から末梢神経・筋に至るまで非常に広範です。このように「必要だけど習得が難しそう」な臨床神経学の知識を身につけるためにはしっかりと考えられたカリキュラムが必要です。本学科では、小児から高齢者までの多様な神経系疾患を一貫して系統的に学ぶことができます。授業は実際の症例から知識を身につけていく臨床講義の形式で、カルテや画像所見あるいは動画を駆使して、非常に理解しやすい構成になっています。本学で学べば、しっかりと身についた知識が臨床の場で大いに役立つことになるでしょう。

教員紹介教員一覧

各教員名をクリックすると、大学研究者データベースへ移動します。

教授 松山 清治

高校生へのメッセージ

「21世紀は脳の世紀」と言われて久しく、これまでに世界中の研究者や医療者の努力により様々な神経機能や精神機能の脳内メカニズムが明らかにされて来ていますが、まだまだ未解明の部分が数多く残されています。作業療法学を含むリハビリテーション領域は人の神経機能や精神機能を対象として治療を行う医療分野であり、これから若い皆さんが切り拓くべき興味深いテーマが数多く残されています。

教授 今井 富裕

高校生へのメッセージ

「専門職に就くにあたり、非常に多くの知識を習得しなければなりません。その道程は長く、生涯続きます。端緒である学生時代にはまず学ぶことを好きにならなくてはいけない。そのためには楽しく学べなければならない。本学で楽しく学ぶ方法を身につけることーまず、それを最初の目標にしましょう。」

研究テーマ(教育活動、社会貢献活動)

<教授 松山清治>

「歩行運動及び姿勢調節に関わる中枢神経メカニズムの解明」

 神経生理学者として基礎医学研究の道を長らく歩んだ後に精神医学・精神医療の分野に入り、現在は精神科医として大学附属病院の診療にも深く携わっています。このような経歴から、保健医療学部では3学科の『生理学』と『精神医学』の教育に携わっています。研究については、神経生理研究としてリハビリテーションと深い関わりのある歩行運動や姿勢調節に関して、その制御に働く神経回路網の構成や機能の解明を進めています。この運動制御メカニズムの研究に加えて、今後は運動発現と情動など精神機能との関わりについて精神医学的観点からの研究も展開したいと考えています。

<教授 今井富裕>
  1. 実際の診察や検査
    実際の臨床場面でどのように診察しているのか?どのように検査しているのか?
    動画を使いながら、あるいは実際に診察を見せながら臨床講義が進みます。これによって生の知識が身につきます。
    基礎・臨床医学  基礎・臨床医学
  2. 特異な臨床症状
    あたかも教室が診察室になったかのように、様々な症例の臨床症状を動画で見ることができます。これによって活字を読むよりも深い理解が得られます。
    基礎・臨床医学
  3. 卒論のテーマとしての臨床神経学
    新規のOT療法に関連する研究に参加し、一部を卒業論文としてまとめます。下図は振動や冷却を用いた上肢振戦軽減の試み。
    基礎・臨床医学