育休者・潜在看護師対象

「働き続けるママ&パパのための ママフレンズサポートブック
 ~妊娠・出産・育児と仕事の両立に向けて~」

 この度、「妊娠・出産・育児と仕事の両立」と「男性看護職員の育児と仕事の両立」の支援としてママフレンズサポートブックを作成しました。妊娠・出産・育児に関する様々な規程のほか、先輩ママ・パパの1日のタイムスケジュール、職場復帰に関するQ&Aなどを掲載しました。表紙の写真だけではなく、子供の工作の写真など、すべて現在子育て中の看護職員から提供された物を使用し作成しました。

働き続けるママ&パパのためのママフレンズサポートブック 働き続けるママ&パパのためのママフレンズサポートブック

 先輩ママ・パパの1日のタイムスケジュールでは、「幼児の子育てをしながら夜勤を行う看護職員」や「幼児2人を子育てしながら夫婦共に働く男性看護職員」の育児と仕事を両立するための工夫や大変さ・喜びなど、実際子育て中の看護職員の生の声が掲載されています。

 女性看護職員だけではなく男性看護職員にも参考になる情報が満載です。ぜひご活用ください!


平成29年度10月開催 「第7回 ママフレンズ」

~育児休業中ママ、将来妊娠・出産を予定している職員、先輩ママとの交流会~ 開催報告

 平成29年10月24日(火)に「ママフレンズ」が行われ、育児休業中の看護職員6名、妊娠中の看護職員1名が参加しました。

 

「ママフレンズ」告知ポスター

 前半は今年度より認定ヨーガ療法士 小端裕美先生をお招きしてヨーガ療法を行いました。心を育てるヨーガの考え方を学び、アーサイ(体操法)、呼吸法、瞑想法などを体験することで育児を行っている忙しい毎日から少しの間開放され、リラックスできた時間になったのではと思います。

 後半は育児と仕事を両立している先輩看護師の体験談として高度救命救急センター看護室 石井祥子主任看護師から「育児と夜勤の両立」についてお話いただきました。保育所入所の準備や夜勤を始めるために夫や祖父母の協力を得たこと、夜勤を行うことでのメリットなど学びの多いお話でした。その後参加者全員でグループトークを行い復帰に向けての不安なことや、保育所選びについてなど様々な悩みを話し合うことができました。また今回参加者が第2子目、第3子目の育児休業中の看護職員が多かったこともあり今後経験する小1の壁(子供の小学校入学を期に仕事と育児の両立が困難になること)について不安だという話も出ていました。

 参加者からは「同じ状況の人と話す機会がなかなかないので良かった」「先輩ママの話が聞けてイメージがわいてきた」などの感想がありました。

 今年で4年目の「ママフレンズ」は、今後も継続していきますので多くの皆様のご参加お待ちしております!

  • 部長さんの挨拶も和やかな雰囲気です
  • 認定ヨーガ療法士 小端 裕美先生
  • 騎士になった気持ちで!ヨーガの体操法の一つです
  • 瞑想・・・・・・呼吸の仕方も大切です(U_U)
  • 高度救命救急センター 石井 祥子さんに体験談を話していただきました
  • グループトークでは楽しく交流することができました

 

【過去実施の様子】


看護師のための復職支援セミナー@札幌医大病院

 平成28年11月21日(月)に「看護師のための復職支援セミナー@札幌医大病院」を行い、12名の潜在看護師の方が参加されました。

 

対象 復職を考えている看護師の方
日時 平成28年11月21日(月) 8:50~14:50
プログラム 講義:医療・看護の動向、感染管理
技術演習:採血・点滴
ランチ交流会
電子カルテの体験

 

セミナーの様子

「看護師のための復職支援セミナー」告知ポスター

「医療・看護の動向」

看護師のための復職支援セミナー  
▲萩原直美看護部長より、地域包括ケアや看護師の特定行為研修・ジェネラリストについてなど、近年の医療や看護の動向について説明があり、今後も社会で看護師が求められていくことを再確認しました。

「感染管理」「手指消毒の体験」

看護師のための復職支援セミナー 看護師のための復職支援セミナー
▲中江舞美副看護師長(感染制御部 感染管理認定看護師)より、標準予防策の重要性や個人防護具・呼吸器衛生・手指衛生などについて説明があり、実際にアルコール製剤による手指消毒を体験しました。

「採血・点滴」

看護師のための復職支援セミナー  
▲北越孝栄副看護師長(看護キャリア支援センター インジェクショントレーナー)より、安全に採血や点滴を行うための留意点やポイント・真空採血管や静脈留置針など最近の物品について説明がありました。
看護師のための復職支援セミナー 看護師のための復職支援セミナー
▲デモンストレーションの見学後、モデル人形を使用して実技の体験をしました。
「手技を思い出すことができた」「最近の物品を使用できて良かった」「何が不安なのかわかった」などの感想がありました。

「ランチ交流会」

看護師のための復職支援セミナー 看護師のための復職支援セミナー
▲「潜在看護師からの復帰体験談」
 宮越郁子副看護師長(内科外来看護室)より、
 復帰をする際に仕事と育児や家事のバランスを
 調整したことなどのお話を聞きました。
▲グループトークでは、それぞれの経験を踏まえて
 情報交換をしたり思いを共有しました。
 「同じように悩みをもっていることがわかり、
 心が軽くなった」
 「自分なりの仕事のやり方が見つかると良いと
 思った」などの感想がありました。

「電子カルテの体験」

看護師のための復職支援セミナー 看護師のための復職支援セミナー
▲藤田梨恵看護師長(看護部管理室)より、電子カルテで患者の情報が共有できることや実際の機能が説明され、操作体験をしました。
「使いやすかった」「実際に体験できて良かった」などの感想がありました。

 参加者の方からは、「医療に関心を持つ機会になった」「不安だった実技を体験でき、少し不安が和らいだ」「いろいろ刺激を受けて、復職の気持ちが高まった」などの感想がありました。皆さん、お疲れ様でした。

 

【過去実施の様子】

看護職員の皆さまへ

キャリアarekore情報室

情報室は、臨床教育研究棟 地下1階「看護部研修室」に移動しました。

看護スキルスラボ

事前の予約が必要です。

使用申込書
物品借用願出書