センター長ご挨拶

看護キャリア支援センター長 萩原 直美

 平成26年4月1日、山下敏彦病院長の下、待望の札幌医科大学附属病院看護キャリア支援センターが開設しました。これは、札幌医科大学保健医療学部看護学科の先生方、大学と附属病院の関係職員の皆様方のご理解とご協力があっての実現であると感謝しております。
 看護キャリア支援センターは、札幌医科大学附属病院看護部が期待する看護師の育成を目指し、看護師個々がやりがいをもって実践を行えるよう必要な支援を提供いたします。
 特に、看護基礎教育と現任教育について、大学と病院が現状と課題について相互理解を深め連携を図り、教育プログラムや教育体制を開発・整備し、看護学生や看護職員の看護実践能力向上と、将来に向けて自らキャリアデザインできる体制の構築を目指していきます。
 すでに、新人看護職員研修の内容のブラッシュアップ、看護学生と実習指導者との交流、フレンズルームの開設などの取り組みを行い、少しずつ形になって成果がでてきているところです。
 看護職員一人ひとりが自律した専門職業人であり、柔軟性のある人間性豊かな看護師に成長していければと願っています。

 

看護キャリア支援センター長 萩原 直美

看護職員の皆さまへ

キャリアarekore情報室

資料の新着情報をお知らせします。

詳しくはこちら

看護スキルスラボ

事前の予約が必要です。

使用申込書
物品借用願出書