札幌医科大学のレディースクリニック

メニュー

婦人科部門Q&A

その他のQ&A(8題)

Q子宮全摘術について教えてください。年齢43才です。以前より月経の量も多く、月経痛もだんだん強くなってきたので近くの婦人科を受診したところ、子宮筋腫と診断され、貧血も強くなっているので手術を勧められました。子供ももういらないので、子宮全摘を受けることになりました。子宮全摘術について教えてください。

A

子宮全摘には単純子宮全摘と広範子宮全摘術があります。通常、子宮筋腫や子宮内膜症のような良性疾患には前者が行われます。ちなみに後者は子宮がんなどの悪性疾患に行われ、子宮をより広い範囲で摘出するものです。単純子宮全摘術には膣式子宮全摘術と腹式子宮全摘術があり、どちらも子宮を摘出するという意味では変わりはありません。膣式では膣より子宮を摘出するため、お腹に傷が残らない、開腹しないため手術後の回復が早いなどのメリットがあり、私たちは可能な限り膣式に行うようにしております。しかし、子宮に癒着があり膣式手術が困難な場合は腹式に行います。

Q生理の量が多く困っています。年齢35歳です。生理の時、特に1日目は生理痛がひどく、出血もかなり多くてナプキンとタンポンの両方をしてももれてくるぐらいです。昨日も仕事中に耳鳴りがしてきて、気分が悪くなり、貧血を起こして歩くことも立つこともできませんでした。いつも生理痛はありますが、こんなに出血したことはありません。何か怖い病気かととても心配です。

A

お話を聞くととても生理の量が多く、過多月経の状態と考えます。過多月経の原因として代表的なものは子宮筋腫と子宮内膜症がありますが、あなたの場合若く、月経困難症も伴っていることから子宮内膜症の可能性が考えられます。検査は内診で子宮周囲の癒着や圧痛を診察したあと、超音波で子宮や卵巣の状態を調べます。場合によってはCTスキャンやMRIなどの機械を使って詳しい状態を調べることもあります。とにかく一度受診して検査することをお勧めします。

Q夜中に何度もトイレに行きます50歳になります。2年ほど前からトイレが近く夜中に2~3回トイレに起きます。トイレに行っても以前ほど勢いよく尿が出なくなっているようです。何か病気があるようで心配です。

A

頻尿の原因にはいろいろありますが、婦人科的には巨大な子宮筋腫、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)そして子宮下垂・子宮脱があげられます。いずれも徐々に症状が進行することが多く自分で気づかないことも珍しくありません。これらの疾患は婦人科に受診して内診や超音波の検査をすると多くはすぐに診断できますが、泌尿器科の病気が原因であることももちろん考えなければなりません。

Q抗がん剤の副作用について教えてください。

A

抗がん剤には色々な種類が有り、それぞれに特有の副作用があります。通常は2-3種類の抗がん剤を組み合わせて使うことが多いため、その組み合わせによっても様々な副作用が出てきます。婦人科の腫瘍でよく使われる抗がん剤の組み合わせでは、治療が行われてすぐに見られるのは、吐き気・嘔吐、下痢、全身倦怠感、むくみ、指先のしびれ感などです。これらは3-4日で徐々に消えていきますが、患者さんによっては何度も吐いてとても辛い場合もあります。次に注意しなければならないのは、骨髄抑制です。これは1週間後位から出現し、10-14日目位がピークになります。具体的には血液に中の白血球が減って体の抵抗力が無くなり、細菌やウィルスに感染しやすくなったり、血小板数が下がることにより、全身に出血しやすくなる場合があります。これらは、強くなると熱が下がらなかったり、頭に出血したりすると重大なことになるので注意が必要です。抗がん剤の治療は複数回行うのが一般的でこれを繰り返していくうちに手足のしびれが続いたり、髪の毛が抜けたりもしますが、これらは治療が済めば徐々にもとに戻っていくのが普通です。

Q子宮筋腫は必ず手術をしなければならないのですか?

A

子宮筋腫は40歳を超えると約1/4の女性に見られると言われるほど多い疾患です。状態は様々で、大きな筋腫のコブ(結節)が1つのものや、小さなものが多数あるものなど個人によりその様子はまちまちです。子宮筋腫は良性腫瘍でありそれががんになっていくものではありませんので、必ず手術をしなければならないということはありません。手術が必要なものは、よっぽど大きいものや、月経の出血が多く貧血になる場合や、生理痛がひどいなどの症状が強い場合です。また生理を止めてしまうことにより筋腫を小さくする薬物治療が行われる場合もあります。また、筋腫は閉経後は小さくなり大きくならないのが普通です。つまり特別な場合を除いて、閉経後は筋腫のことは気にしなくても良いことになります。

Qホルモン剤を飲むとがんになるというのは本当でしょうか?

A

ホルモン剤(エストロゲン)を長期連用すると乳がんのリスクが上昇するとの報告が確かにありますが、これは長期連用(3年以上)によって、発がんのリスクが上昇するというものであり、短期間(1~2年)の服用であれば、問題はないとされています。しかし子宮体がんにおいては、2種類の女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)を併用して内服する事によって、発がんのリスクが減少する事が知られています。

Qカンジダ腟炎はどうしてなるのですか?

A

腟内には乳酸桿菌と言って腟の中をキレイに保つ作用を持つ菌が存在しています。また同時にカンジダも正常時に腟内に存在していますが、乳酸桿菌等によって、ごく少量が存在するのみとなっています。しかし薬物(抗生物質、抗がん剤、ホルモン剤)の投与や加齢によって乳酸桿菌の数が少なくなってしまった場合や、本来自分が持っている免疫能が低下した場合(正常妊婦、糖尿病、疲労、エイズなど)に、カンジダが異常増殖し、かゆみや帯下などの症状を引き起こすことが知られています。

Q更年期障害はどうして起こるのですか? またいつまで続くのですか?

A

卵巣は女性ホルモンを産生・分泌する臓器であり、これらホルモンの影響によって月経などの現象がみられています。しかし閉経前後(50歳前後)になると卵巣からのホルモン分泌能が低下し、これによって、のぼせ・動悸・イライラ・不眠などの症状が出現して来た状態を更年期障害と呼んでいます。これら症状は多岐にわたる事が多く、一概には述べられません。しかし人によっては全く症状が出ない方もおり、また症状が出現した方でも、いずれはその環境(ホルモン低下の環境)に身体のほうが慣れてくる場合が殆どで、閉経後数年で症状の改善がみられる事が殆どです。また前述のごとく、卵巣の機能が低下する時期の前後に症状が出現しますので、閉経後5年も10年も経過してから更年期障害が出現する事はまずあり得ません。閉経前後でのぼせ・動悸・イライラ・不眠などの症状に苦しむ場合は、ホルモン補充療法や漢方製剤、睡眠誘導剤または軽い安定剤などの服用などをはじめとする薬物療法を受けられる事をお勧めします。