初期臨床/後期臨床研修

初期臨床研修

基本的な診療能力を修得する2年間

平成29年度 臨床研修プログラム
標準プログラム
  1年目 2年目
Aコース 【札幌医科大学附属病院】
内科6か月、救急3か月、選択必修3か月
精神科、産婦人科、小児科、外科・外科系診療科、麻酔科から2科または3科を選択して研修する。
【協力型研修病院】
地域医療1か月、自由選択11か月
Bコース 【協力型研修病院】
研修内容はAコースと同様
【札幌医科大学附属病院】
研修内容はAコースと同様
Cコース 【札幌医科大学附属病院】
研修内容はAコースと同様
【札幌医科大学附属病院】
研修内容はAコースと同様
外科(1)コース 【協力型研修病院】
内科6か月、救急3か月、選択必修2か月、麻酔科1か月
外科・外科系診療科から1科または2科を選択して研修する。
【札幌医科大学附属病院】
地域医療1か月、自由選択11か月
外科・外科系診療科及び麻酔科
外科(2)コース 【札幌医科大学附属病院】
研修内容は外科(1)コースと同様
【札幌医科大学附属病院】
研修内容は外科(1)コースと同様

※この他にも産婦人科プログラムと小児科プログラムがあります。

臨床研修と大学院(博士課程)
臨床研修のプログラムの流れ

後期臨床研修

附属病院と道内関連教育病院において指導医のもとで実践を積み、各種認定医・専門医の資格を取得していく研修

コース別の学位取得イメージ
 ※内科系、外科系診療科では、基本領域の専門医(内科専門医、外科専門医)を取得した上で、さらにサブスペシャルティとして専門領域の専門医(消化器病専門医、循環器専門医、など)を取得することが一般的です。

最終更新日: