在学生からのメッセージ

医学部医学科 第2学年 小林 万奈花(豊島岡女子学園高等学校出身)

24時間利用可能な図書館でいつも勉強しています

小林万奈花の写真
 元々、両親の出身地である北海道を身近に感じており、北海道の医療に貢献したいと思って札幌医大を志望しました。入学後の「肉眼解剖学」では人体のメカニズムを知ることができましたし、「医学入門セミナー」では最先端の医療を知ることができ学習のモチベーションが高まりました。図書館は24時間利用可能で、常にたくさんの学生が勉強しているため、自然と学習意欲が湧いてきます。卒業後は、患者さんに寄り添い、心の支えになれるような医師を目指していきたいです。受験生の皆さんと札幌医科大学で共に学ぶことを楽しみにしています。 

医学部医学科 第3学年 山本 智香(北海道岩見沢東高等学校出身)

先輩・後輩や同級生とのつながりが強いのが魅力です

山本 智香の写真
 将来、北海道で医師として働きたいと考え、地域医療に貢献できるような卒後プログラムや実習が充実している札幌医科大学を志望しました。大学の規模は大きくありませんが、その分、先輩後輩や同級生とのつながりが強いのが魅力です。小さい頃に優しいお医者さんを見て、自分も医師を目指すようになったので、卒業後は地元に戻り、親しみやすく何でも相談できる医師になりたいと思っています。高校時代は医療系のセミナー等に参加して、受験のモチベーションを高めていました。同じ目標の人と触れ合うことは良い刺激になりますので、みなさんも機会があれば是非参加してみてください。

医学部医学科 第4学年 淺井 政貴(北海道滝川高等学校出身)

友達同士互いに切磋琢磨しながら勉強に励んでいます

淺井 政貴の写真
 医学部を目指す中で、地元や地域の実態を知り、地域医療に力を入れている札幌医科大学に進学しようと考えました。大学では、友達同士で互いに切磋琢磨して勉強に取り組んでいます。特に解剖学実習では、ご献体を通じて学びを深める大変貴重な機会でした。将来、地域医療に従事した際には、多くの症例に対応できる医師でいられるよう、生涯にわたり医学を勉強し続けたいと思います。
 受験生のみなさん、医学部に合格することが目標ではありません。楽しい大学生活や将来医師になったときのことを想像して、辛い受験勉強を乗り切りましょう!自分を信じて頑張ってください!

医学部医学科 第5学年 金子 未波(北海道旭川東高等学校出身)

患者さんや家族に対して真摯に向き合える医師を目指します

金子 未波の写真
 札幌医科大学を志望した理由は、北海道に根ざした医療を行っていること、24時間利用可能な図書館や標本館など附属施設が充実しているからです。総合大学とは異なり、一学年の人数が少ないため学生同士のつながりが強い大学だと思います。医学は基礎から臨床へ積み上げ式の勉強です。授業では、それまで学んだ知識と新しい知識がつながっていくのを体感することができ、興味深く学んでいます。卒業後は、患者さんや家族に対して真摯に向き合える医師を目指していきたいです。受験生の皆さんは、自分が将来どんな医師になりたいか決めていない方もいると思いますが、札幌医科大学で理想の医師像を描いてみませんか。

医学部医学科 第6学年 木村 崚真(北海道札幌西高等学校出身)

学んだ知識を患者さんにどう活かせるか日々考えています

木村 崚真の写真
 将来、地域医療を支える医師になりたいと考え、札幌医科大学を志望しました。附属病院の臨床実習では、それまで授業で学んできた医学知識をどのように活かせるか、患者さんを前に日々考えながら学んでいます。患者さんが今何を求めているかを常に意識し、それに応えられるような医師になりたいと考えています。受験生のみなさんは、医学部に入学しようと毎日頑張っていると思いますが、その状況を楽しむことができるかどうかが大事だと思います。努力は裏切りません。自分を信じて頑張ってください。医学生になったその日から、また毎日が勉強です。共に頑張りましょう!

最終更新日: