在学生からのメッセージ

医学部医学科 第2学年 浅野 志織(浦河高等学校出身)

自分のやりたいことに集中できる環境が整っています

浅野 志織の写真

 医師になることで地元の浦河町や医師不足で苦しんでいる地域に貢献できると思い、地域医療に力を入れている札幌医科大学を目指しました。札幌医科大学は、勉学の他にも皆、部活に入り積極的に活動しているので、とても充実しています。また、自分のやりたいことに集中できる環境が整っていることも魅力だと思います。
 将来は、専門医制度で新設される総合診療医の専門医資格を取得し、地域で信頼される医師として地元を支えていきたいと考えています。勉強ができないことを環境のせいにするのではなく、勉強する環境を自らつくる強い意志を持っていれば、必ず道が開けます。皆さんの未来が明るい笑顔で溢れることを願っています。

医学部医学科 第3学年 藪下 陽輔(旭川東高等学校出身)

オープンキャンパスは、勉強のモチベーションを上げる良い機会です

藪下 智陽輔の写真
 札幌医科大学で開催されているセミナーやオープンキャンパス等を通じて、学生間のつながりの強さや温かさを感じ、この大学で学びたいと思いました。二年前期で学ぶ「肉眼解剖学実習」において、筋肉や臓器、神経を詳細に観察できる環境があるのは、本学の魅力であると思います。小さい頃からスポーツ選手を支える医師に憧れを抱いていました。
 卒業後は、オリンピックのメディカルドクターとして、選手のサポートに貢献できるような医師になりたいと考えています。私は、高校2・3年生の時にオープンキャンパスに参加しました。入試要項を知るだけでなく、勉強のモチベーションを上げる良い機会なので、是非参加してみてください。

医学部医学科 第4学年 芦名 彩斗(札幌光星高等学校出身)

みんなで教え合いながら勉強することが、良い刺激になります

芦名 彩斗の写真
 生まれ育った北海道で地域医療に貢献したいと思い、在学中のみならず卒業後も地域医療に携わる上で役立つプログラムが充実している札幌医科大学に魅力を感じ、志望しました。札幌医科大学は、学生の人数が少ない分、先輩や後輩、同級生との繋がりが強く、みんなで教え合いながら勉強するので、よい刺激になります。
 卒業後は道内の地域医療に貢献できる医師になり、どのような場所で診療していても、常に新しい医療を取り入れるよう勉強を続けたいと思っています。受験中は頑張っても思うように結果が出ないこともありますが、自分を信じて粘り強く努力し続けてください。そこで得た経験は、医学生、そして医師になった後に必ず活きてきます! 

医学部医学科 第5学年 吉田 有梨枝(札幌北高等学校出身)

MD-PhDコースで、学部学生時から研究に携わることができます

吉田 有梨枝の写真
 学生同士の縦横のつながりが強いだけでなく、今後も必要とされる地域医療に力を入れ、多くの実習を取り入れていることを知り、札幌医科大学を志望しました。大学院教育を学部学生から履修することのできるMD-PhDコースでは、学部学生時から研究に携わることができるため、臨床だけでなく基礎研究の世界ものぞくことができます。
 将来は、患者さんのそばに寄り添い、患者さんと一緒に病気を治していける医師になりたいと考えています。医師になりたいという気持ち、理想の医師像を思い描いて、辛い受験勉強を乗り切って下さい。入学後は、みんなで国家試験に受かるため友人と協力する勉強に変わります。今は頑張って下さい!

医学部医学科 第6学年 長谷部 理矩(室蘭栄高等学校出身)

地域医療の現状だけでなく、教育や福祉など様々な側面から学ぶことができます

長谷部 理矩の写真
 自分の理想とする医師像は地域に従事する医師だと考え、地域医療に力を入れている札幌医科大学を志望しました。1年生から5年生にかけて、様々なタイプの実習で地域の病院へ行きましたが、地域医療の現状やその地域特有の魅力を肌で感じるだけでなく、教育や福祉、予防医学など様々な面から考えることの重要性を学ぶことができました。
 卒業後は、北海道で従事し、医師不足等の医療問題を抱える地域に貢献することで、患者さん一人一人の健康を守りたいです。医学生になっても医師になっても一生勉強です。その原動力となっているのは、理想とする医師像に少しでも近づきたいという思いです。一緒に頑張りましょう!

最終更新日: