アドミッションポリシー(入学者受入方針)

札幌医科大学は、北海道立女子医学専門学校を前身に、昭和25年(1950)に医学部医学科の単科大学として開学しました。また、昭和58年(1983)に開学した札幌医科大学衛生短期大学部を、平成5年(1993)に看護学科、理学療法学科及び作業療法学科を擁する保健医療学部に発展的に改組し、北海道立の医系総合大学となりました。
平成19年(2007)からは、北海道が設立した公立大学法人として、北海道の地域医療に貢献する医療人(医師、看護師、理学療法士、作業療法士)を育成するという北海道民の強い要請に応えています。建学時からのスピリットである「進取の精神と自由闊達な気風」が、医学・医療の攻究と地域医療貢献を実現する礎となっています。
北海道民の健康と医療を守り、豊かな人間性を持つ医療人を育てるとともに、国際的・先端的研究を進めるために、札幌医科大学は、学士課程の教育を受けるにふさわしい基礎学力・医学医療を学ぶ意欲・地域社会と人への関心・コミュニケーション能力・思考の柔軟性と論理性・積極的な行動力を備えた学生を受け入れます。

医学部アドミッションポリシー

医学部は北海道民の健康と医療を守り、地域に貢献できる医師及び国際的・先端的研究を通じて世界に貢献できる研究医を育てます。そのため、次のような資質を有する学生を求めます。
  1. 命を尊ぶ心を持ち、病める人を救う情熱のある人
  2. 周りの人への思いやりと奉仕の心、倫理観を持っている人
  3. 良心と社会規範に従い、良識ある行動ができる人
  4. 医師・研究医となるにふさわしいコミュニケーション能力、協調性及び想像力を持っている人
  5. 地域社会への興味・関心を持ち、北海道に貢献する意志を持つ人
  6. 国際的視野で考え行動し、科学的探究心と創造力を持って学習に取り組める人 

入学までに身につけておいてほしいこと

高等学校で学ぶ諸教科に関する高い基礎学力
1)医学を学習するための基礎学力
生命科学としての医学を学習するに当たって、生物、化学、物理及び数学の基礎学力は必須です。さらに、医療と医学研究の場では、人との交流が基盤となります。それを支えるコミュニケーション能力を発揮するために、論理的に思考し、相手に伝えることのできる正確な日本語と国際的視野で考え行動するための英語の学力が重要です。

2)人類の文化や自然、社会に関する幅広い基礎知識
医学研究と医療の実践には、人文社会科学の視点から健康・疾病を理解することも必要です。そのために、自然科学のほか、人文社会科学など幅広い領域に関する基礎知識が不可欠です。 
自ら課題を探求し、問題を解決する学習習慣
医師には生涯にわたる自己研鑽が求められます。自ら課題を抽出し、問題点・疑問点を解決していく積極的な学習姿勢が必要です。
自主的、協調的な態度と行動
チーム医療なしには医療は実践できません。医師は医療チームの一員として、他者と連携・協調して行動することが求められます。 
健康な生活を送るための基本的生活習慣
人々の健康を守り、病に立ち向かう医師となるための精神力と体力が必要です。まず自分の健康に心がけ、基本的生活習慣を身につけていることが不可欠です。 

保健医療学部アドミッションポリシー

保健医療学部は、人々が健康に暮らせる社会の実現をめざして、様々な立場や役割を担う他者との連携・協働のもとに地域の保健・医療・福祉の充実と発展のため、主体的に貢献できる看護師、理学療法士、作業療法士を育成します。そのため、次のような資質を有する学生を求めます。
  1. 将来は、看護師、理学療法士、作業療法士として人々の健康と生活を支える役割を担いたいと考えている人
  2. 地域社会への興味・関心を持ち、北海道の保健・医療・福祉に貢献する意志のある人
  3. 良心と社会規範にしたがい、良識ある行動ができる人
  4. 人々との交流を大切にし、常に温かな配慮をもって他者と接することのできる人
  5. 広く社会に目を向け、知的探求心をもって柔軟な発想で物ごとをとらえることのできる人
  6. 人々や社会とのかかわりを通して自らの成長を願い、粘り強く物ごとに取り組むことのできる人

入学までに身につけておいてほしいこと

高等学校で学ぶ諸教科に関する高い基礎学力
1)人類の文化や自然、社会に関する幅広い基礎知識
保健・医療・福祉は人間を対象に社会の中で営まれる実践です。したがって、文化や自然、社会に関する偏りのない基礎知識が不可欠です。

2)人々との交流を深め、論理的に思考し、表現するための語学力
保健・医療・福祉の実践は人々との交流を基盤とします。したがって、まず、日本語で読み、書き、聞き、話すコミュニケーション力が重要です。また、それらは論理的に物ごとをとらえ、考える力につながります。高等学校までに学ぶ特定の外国語の基礎能力も身につけておく必要があります。 
他者との連携・協働により物ごとに取り組み成し遂げた経験
保健・医療・福祉の実践はチームで取り組みます。他者と連携・協働して何かに取り組んだ経験は専門的実践を学ぶ上での力となります。 
3.自らの疑問を解決し、知識を深めるための学習習慣
専門職には生涯にわたる自己研鑽が求められます。疑問を解決するために、また、知識を広げ深めるために、自ら進んで調べ学ぶ習慣を身につけておく必要があります。 
4.健康な生活を送るための基本的生活習慣
人々の健康と生活を守るためには、まず自分の健康に心がけ、しっかりとした基本的生活習慣を身につけていることが不可欠です。 

最終更新日: