沿革

教室の沿革

昭和29年(1954年)

札幌医科大学の神経内科診療の歴史が始まる。当時、第一内科に神経専門外来が新設され、安斉哲郎(当時第一内科助教授)を中心に神経内科診療が始まった。

昭和50年(1975年)

米国留学より帰国した松本博之(前教授)を中心として第一内科に神経内科班が発足。

昭和60年(1985年)

リハビリテーション部に神経内科が設立され、第一内科から独立した神経内科の外来、病棟診療が始まった。

平成4年(1992年)

診療科として「神経内科」が新設。 

平成9年(1997年)

神経内科専任教授として松本博之(前教授)が就任。

平成10年(1998年)

札幌医科大学神経内科同門会(現在会員数が約50名)が発足。道内外に診療・研究のネットワークを広げている。

平成18年(2006年)

第二代教授として、下濱 俊が就任。

平成20年(2008年)

札幌医科大学医学部神経内科学講座へと昇格。