教授挨拶

神経内科学講座 教授 下濱 俊

下濱俊教授画像
 脳神経内科は、稀な難病のみを取扱っているような錯覚が一般にはありますが、決してそうではありません。脳血管障害、認知症など最も重要な疾患とともに、日常の頭痛、めまい、手足のしびれ、麻痺、痛み、けいれん、パーキンソン病など診療に専門的な知識と訓練とを必要とするような疾患が山積しています。また、脳神経内科疾患はよく治らないといわれますが、正確な臨床診断の下にEBMに基づく適切な治療を行なうことで治療可能なものは多いのが事実です。一方、現在、治療法の限られた難治性疾患も多く、患者さんおよび家族のQOL向上には地域の福祉・保健医療との連携とともに新医療の創成が重要な診療科です。
 札幌医科大学神経内科学講座は自由闊達、開放的で家庭的な温かい雰囲気があります。また、教室員は患者さんに優しく、チームワークも大変良く、患者さん一人ひとりに最も適切な治療と診療支援を出来るように心がけています。人に対する優しさが全ての医療の基盤であると考えていますが、幸いにも教室にはその理念が伝統として受け継がれております。
 今日、わが国は未曾有の超高齢化社会を迎え、脳血管障害や認知症、そしてさまざまな神経難病の患者さんの数は極めて多く、担当診療科として神経内科の社会的ニーズが益々大きくなってきています。また、21世紀は「脳の世紀」といわれるように脳科学と脳疾患研究は世界的に最も注目されている領域です。当教室は、この領域に関心を持ち、神経疾患の克服を志す若い人を必要としています。道内出身の人はもちろん、私と同じく道外出身の人も、北の大地、北海道の中心に位置する札幌医科大学神経内科学講座で一緒に勉強しませんか。脳神経内科の診療、研究を大きく発展させていくことに共感していただける若手医師の参加をお待ちしております。