研修プログラム
はじめに
 整形外科とは運動器疾患や外傷を治療する分野です。運動器とは、骨・軟骨・靱帯・腱・筋肉・神経から構成される器官であり、頭部以外のすべての骨格を含みます。そのため対象とする身体部位は脊椎・脊髄、手,肘、肩、股関節、膝関節、足関節・足と広範囲です。また、取り扱う疾患もスポーツ、外傷、骨軟部腫瘍、小児の先天性疾患、関節リウマチなどの炎症性疾患、加齢に伴う変性疾患や骨粗鬆症など多岐にわたります。身体部位,疾患の各々に専門診療が行われています。当教室では,まず整形外科一般の基本的な診療ができ、かつ自分が得意とする専門分野では最高水準の診療ができる整形外科医を育成することを目指しています。

 札幌医科大学整形外科ではすべての分野においてスタッフは充実しており、関連施設を含めた教育体制が整っています。

 当科における卒後臨床研修プログラムの第1の目標は、多くの疾患・外傷を経験し,整形外科の幅広い基礎的知識、基本手技を身につけることです。日本整形外科学会専門医の取得をめざします。さらに最新の診断・治療法を勉強することで、高い専門性の獲得を目指します。

 整形外科を含めた医学には解決されていない問題が数多くあります。自ら最先端の基礎研究、臨床研究に取り組み、問題解決に挑戦できるのも札幌医大研修プログラムの利点です。大学院、臨床大学院、国内・外留学の道が開かれています。
整形外科研修プログラムの概要
flow.gif


整形外科1年目の研修
 2年間の初期臨床研修が終了後,整形外科教室に入局し整形外科研修がスタートします。他の施設で初期臨床研修を行った専攻医も大歓迎です。整形外科研修の1年間は、札幌医大病院を中心に研修を行います。
 札幌医大整形外科の3つの診療グループ(1)手の外科・骨軟部腫瘍、(2)脊椎・脊髄・肩関節、(3)股関節・膝関節・足関節・足・スポーツ整形外科、救急・集中治療部、小児整形外科の専門施設である北海道立子ども総合医療・療育センターをローテーションして整形外科の基本的な知識と技能を取得します。

2〜4年目の研修
 1年間の大学病院での研修終了後は、北海道内の教育基幹病院で3年間の研修を行います。研修施設はいずれも日本整形外科学会認定研修施設です.症例が豊富で、専門性の高い整形外科治療を行っています。経験豊かな指導医のもとで、数多くの臨床経験を積むことができます。 その際の人事は,研修医員会における話し合によって民主的に決めます。研修医員会は研修医の選挙によって決められる研修医員長を中心とした,研修医自らの組織です。

5年目の研修
 3年間の関連病院での研修終了後は大学病院に戻り、これまでに修得した知識や技術の確認を行います。部位あるいは疾患の専門分野を選択し,より高い技術と知識の習得を目指します。また、日本整形外科学会専門医試験の準備を行います。

整形外科専門医取得後
 整形外科専門医取得後は専門性を持った整形外科医として大学病院や関連病院でさらに高度な医療の実践、基礎研究や臨床研究、専門研修施設でのさらなる研修など各人の希望にもとづいた生涯研修を行います。
大学院、臨床大学院(博士課程)への進学
 整形外科専攻医プログラム終了後,あるいは研修途中でも整形外科専攻医3年目より、希望者は大学院(医学博士取得)へ進むことが可能です。大学院研究期間は4年間です。はじめの1年間は整形外科臨床医として大学病院や関連病院で研修を行い、残りの3年間は基礎研究に従事します。現在行われている主な研究は、以下のとおりです。

(1)電気生理学的手法を用いた慢性疼痛発症機序に関する研究
(2)骨肉腫や軟部肉腫に対するガン免疫療法の研究(すでに臨床試験も開始しています。)
(3)新鮮凍結屍体を用いて脊椎や四肢関節、腱や靱帯の動きを解析するバイオメカニクスの研究
(4)プロテオミクス、遺伝子欠損マウスを用いた骨粗鬆症や末梢神経障害の病態解析

 他の講座や施設との共同研究も行っています。また新しく興味ある分野で研究を始めることも可能です。臨床大学院という新しい博士取得過程もあります。研究期間は4年間と従来の大学院と同じですが、次の特徴があります。大学以外の教育基幹病院における2年の勤務を含む日常臨床を行いながら研究します。研究内容は患者を対象とした臨床研究で、成果を英文雑誌に投稿します。
国内・国外留学
 整形外科専門医取得後は個人の希望に応じて種々の進路があります。それぞれが身につけた専門性をさらに高めるため、国内・外の専門施設で研修や研究が可能です。札幌医大整形外科では多くの先輩たちが国内・国外留学をして最新の知識や技術を習得しています。留学先も多岐にわたり、海外では米国をはじめ、カナダ、イギリス、フランス、デンマークなどがあります。留学期間は1から2年間を基本とし、留学時期や場所は個人の希望により相談して決めます。
週間スケジュール
 専攻医は上肢・腫瘍チーム、脊椎チーム、下肢チームの3つのいずれかに入ります。指導医とともに術前患者の病態把握、助手として手術に入ること、術後患者の管理を行います。さらに、下記スケジュールに沿って配属された各チームでの研修を行います。抄読会では最新の英語論文を勉強することで、各分野の新しい知識を身につけます。術前カンファレンスでは患者の病態や手術適応・方法についてプレゼンテーションします。

8:00〜9:00 9:00〜12:00 12:00〜5:00
入院カンファレンス
全体論文抄読会
上肢・腫瘍手術
肩・下肢専門外来
上肢・腫瘍手術
下肢カンファレンス、抄読会
基礎研究カンファレンス
外傷論文抄読会
下肢手術
上肢専門外来
下肢手術
上肢カンファレンス
術後カンファレンス
教授回診
脊椎・肩・腫瘍専門外来
術前プレゼンテーション準備
検査(脊髄造影、関節造影)
脊椎カンファレンス、抄読会
術前カンファレンス 各分野講義
脊椎・下肢専門外来
各分野講義
肩、スポーツ抄読会
上肢論文抄読会 脊椎・肩手術
下肢・腫瘍専門外来
脊椎・肩手術
各分野講義
年間行事
 毎年、整形外科各分野で活躍している著名な先生を招いて、多くの講演会を行っています。それ以外に当教室で定期的に行っている講演会・研修会は下記のものがあります。

講演会
各分野活躍されている著名な先生による最新の研究や臨床についての講演

 ・札幌医科大学整形外科同門会講演会
 ・整形外科UPDATE
 ・札幌スポーツ医学セミナー
 ・札幌整形外科卒後研修セミナー(年2回)
 ・北海道小児整形外科セミナー
 ・脊椎外科懇話会
 ・骨粗鬆症フロンティア

研修会
主に整形外科専攻医を対象とした勉強会

 ・道北・道東・道南カンファレンス(教室スタップ全員が3地域に行き、
  ミニレクチャーや各地域での難しい症例についてディスカッションする。)
 ・ウインターセミナー(すべての分野の専門医が1日かけて専攻医対象にレクチャーを行う
 ・脊椎症例検討会
 ・手の外科セミナー
 ・股関節症例検討会
 ・膝関節勉強会
 ・肩ハンズオンセミナー(肩関節鏡の研修会)
研修での到達目標
 整形外科専攻医のもっとも重要な目標は日本整形外科学会認定専門医の取得です。また、具体的な目標として下記の事項があります。  

一般目標
1)整形外科領域の所見の採取、診断の確定、治療方針の立案。
2)基本的画像診断(レントゲン、CT、MRIの)読影。
3)骨折、脱臼、切創など整形外科救急処置の習得。
4)指導医の元に手術への参加、術前・術後管理。
5)患者様との適切なコミュニケーションの確立。
 十分なインフォームドコンセントによる治療の実践。
6)コメディカルスタッフとの円滑な医療の実践。

行動目標
骨折の診断
ギプス固定法の習得。
関節脱臼整復術の習得。
整形外科外来一般診療における適正な診断と治療方針の決定。
整形外科救急医療における迅速な診断と初期治療の実践。
脊椎疾患の神経学的診断法の理解。
肩、膝、股関節の変性疾患の診断。
検査:関節造影、脊髄造影。
疼痛を訴える患者を通して、運動器の疼痛に対する理解を習得する。
手術:ばね指手術、骨軟部腫瘍切開生検術、四肢切断術、膝関節鏡視下手術(滑膜切除、半月板切除)骨接合術、末梢神経手術(手根管開放術、尺骨神経前方移所術)、人工骨頭置換術、腰椎椎間板ヘルニア摘出術、人工関節手術(膝・股関節)、脊椎固定手術(内視鏡手術を含む)
学会で症例報告を行い、論文を作成する

ページトップ