後期研修医の声

勝又 顕 先生(平成31年 入局)

こんにちは。札幌医科大学整形外科学講座後期研修医の勝又顕です。大学病院での1年間の研修を経て、現在は、帯広協会病院で勤務しています。
当講座の紹介をさせて頂きたいと思います。当講座は一般整形に加えて、小児整形、外傷整形、スポーツ整形に至るまで、幅広い分野を学び、専門性を極めることができます。さらに、臨床のみならず、基礎研究にも力を入れており、脊髄損傷に対する再生医療研究など最先端の研究にも携わることができます。
また、札幌市内はもちろん北海道内に数多くの関連病院を有しています。そのため、都市部での専門的医療にも、地方都市での地域医療にも要望に合わせて関わることができ、それぞれのビジョンに合わせた研修を行うことができます。
ここで、私が整形外科を志望し、当講座を選んだ理由を簡単ではございますが、紹介させて頂きます。
私は、大学入学当初からなんとなく外科系に進むのだろうなという漠然とした考えはありましたが、はっきりとしていませんでした。大学5年次の病院実習でローテーションした際に、昨日まで痛みに苦しみ歩けなかった患者さんが次の日には、笑顔で歩いていることにとても感銘を受け、整形外科に決めました。また、先生方の雰囲気がとても良く、カンファレンス、手術、飲み会と何事も全力で取り組み、全力で楽しんでいる姿を見て、この教室に入りたいと決心したことを今でも覚えています。
そんな私も教室員となり、皆さんを受け入れる立場となりました。自分があの頃なりたかった姿になれているかはわかりませんが、皆さんが札幌医科大学整形外科学講座を好きになり、私たちと共に働いてくれることを願っております。
最後になりますが、当講座はいつでも見学を受け入れておりますので、気軽にお越しください。心よりお待ちしております!